彼岸花を求めて奈良県御所市にある 「九品寺(くほんじ)」に行ってきました。

 

夏の終わりから秋の始まりを知らせてくれるお花「彼岸花

子供のころはこの花のことを「毒花」って呼んでいた記憶があります。

なので、このお花は見るのは良いけど、触ったらダメだと認識が強く、撮影していてもあまり近づかない自分がいます。

ウィキペディアによると

全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリン等)を多く含む有毒植物。経口摂取すると吐き気や下痢を起こし、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死に至ることもある。

と説明があるので、現実に毒性はあるようです!子供の頃に教えてもらった知識は正解でした。

お花に限らず、毒性のあるもの(蜘蛛や蝶等)って見た目は綺麗なデザインを持っているものが多いと思いますね!その魅力で、近寄らせて毒を吐く。

人間も同じかも知れません(笑)

by カエレバ

 

九品寺

九品寺「くしなでら」と呼ぶと思っていたのですが、正解は「くほんじ」と呼ぶそうです。

九品寺は、奈良県御所市楢原1188で奈良県では中央から南のほうにあります。場所はここ

奈良時代に建てられたお寺で、国の重要文化財に指定されています。

詳しくは、こちら

九品寺の彼岸花

九品寺には始めて訪れました。

駐車場からお寺までの風景

この風景落ち着きますね!

九月の最後の三連休に訪れましたが、この付近ではまだ稲刈りは済んでいませんでした。

今年は結構早く、稲刈りを済ませている地区もあるようですが、そろそろ刈れる時期に見えました。

昨年の夏にこの近くで、「ひまわり」の撮影に行きましたが、その時もこの前を通っていたんですね!

夏本番!奈良県五条市の「ひまわり園」へ9万本の向日葵を見に行ってきました。

2017.08.15

彼岸花は夏の終わりを告げるお花ですが、夏から秋までの期間、「ひまわり」「彼岸花」「ススキ」とこの付近では写真を撮ることが楽しめるスポットになりそうです。

奈良県 曽爾高原のススキを見に行ってきました。

2016.11.06

彼岸花

赤い絨毯が一面をおっています。

数人の撮影されている方がおっしゃっていましたが、一昔前はもっと沢山の彼岸花が咲いていたようです。

観光に来る方が多くなって、踏みつかれたこともあるのか、咲いていない場所もありました。

少し残念ですが、人気が出てくると良く聞く話です。

珍しく、一本だけ黄色の彼岸花もありました。

この花が人気なのか撮影されている方が多くいらっしゃいました。

順番待ちで慌ててシャッターボタンを押した状態なので、少しピントが合っていません(汗)

周りは田畑が広がっているので、他にも沢山のお花が咲いています。

思うこと

カメラ持って出かけたのが本当に久しぶりでした。

愛機のPENTAX K-50の充電もあまりなかったのですが、K-50 の場合、単三電池4本でも起動するので、充電を忘れていても撮影出来るメリットがあります。

今回の撮影では、「PENTAX K-50」と「Sigma 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO」のコンビでした。

お互い古い機材になっていますが、写真楽しいですね!

Sigma 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO レンズ購入

2014.12.22
by カエレバ

 

新しいカメラが欲しいと思っていますが、古くてもシャッターボタンを押している楽しさが良いんです。

GRも新型発表されたし、次のカメラと思っていますが、まあじっくり考えたいと思います。

本当に久しぶりに一眼持って出かけましたが、やはり楽しいです。

これからの季節は写真を撮れるシーンが沢山あるので、自宅に籠らずにお出かけ三昧したいと思います。

すぐ近くには、「一言主」さんもあります。ここも撮影には良いですが、人がいっぱいで駐車場に入れませんでした。次の機会に寄ってみたいと思います。

他に撮影写真はflickerにあげています。

https://www.flickr.com/photos/cyapu/

奈良 葛城一言主神社

2015.01.14
by カエレバ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください