XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS ファームウエア更新

レンズファームウェア

久しぶりのカメラネタ

最近カメラを持って出かける機会が少なくなってきた。

確か10年ほど前にカメラにハマって、当時は必ずカメラを持ち歩いてた。

最初はコンデジの「GR digital Ⅳ」

その後は、休日用に初の一眼デジカメ「PENTAX K-50」を買った。その後、PENTAX K-50にオールドレンズを付けて街中を撮影するのがとても楽しかったのを記憶している。

単身赴任から帰ってからは富士フィルムの「X-E3」を手にしてコンパクトなAPS-Cで楽しんでたけど、最近は防湿庫に入れたままのことが多くなってきた。

そんな富士フィルムの「X-E3」の購入時に付属していた評判の良いレンズ「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」これのファームウェア更新が出てたので、忘れないうちに更新しとこうと思う。

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS更新

X-E3レンズ

今回の更新ファームウエアのバージョンはVer.3.24になります。

Ver.3.23からVer.3.24の変更内容

特定の条件下において「メカシャッター」または「電子先幕シャッター」方式を使った静止画撮影時の解像度を向上しました。

内容読んでもメカ音痴には良くわからんけど撮影時の解像度?

まあ、おそらくユーザーからの意見が出てて変更になったのでしょうか?これで、使い勝手が良くなるのであれば問題ないです。私個人としては、X-E3もWebカメラ化対応になってくれる方が嬉しいのだが!

https://fujifilm-x.com/ja-jp/support/download/software/x-webcam/

X-E3は未だ非対応なのが残念でならない。こんなにコンパクトでWebカメラとしては使いかって良いと思うけど。切り捨てられた気分です。(泣)

最新ファームウエアのダウンロードページ

富士標準レンズ

最新ファームウエアのダウンロードページはこちらです。

更新日を見てみると9月末に更新されてたので、情報としては遅かったですね。

ファームウェアの更新にあたっては、最新のバージョンから更新する必要があります。なので、現在の最終がVer.3.23であることが原則!

使っているレンズのバージョンを確認するには、

  • カメラの電源をOFF
  • カメラ本体の「DISP/BACK」ボタンを押したまま
  • カメラの電源を入れてファームウエアのバージョンを確認

そうすると液晶画面にVerが出てきます。

このVerの確認方法って意外と知らないですよね!

今回の記事で覚えておいてくださいね!

確認すると私の「X-E3」のバージョンはVer.3.20でした!

ギョ!古いじゃないですか!メーカによると最新バージョンから更新する必要があるって書いてたのに

これは、やばいと思ってまずVer.3.20からVer.3.23へのファームウェアを富士フィルムのHPから探したのですが、何処にもない!

どうすれば良いのか?と思ったけど、ダメ元で富士フィルムにメールで問い合わせした。

帰ってきた回答が下記↓

「誠に恐れ入りますが、ファームウェアの更新ファイルは最新のバージョンのみダウンロードのご用意がございます。ご使用のカメラのファームウエアが古いバージョンの場合でも、直接最新 バージョンにアップデートが可能でございます。※3.20から3.24へファームウェア更新作業をした場合は3.20/3.21/3.22/3.23のファームウェア更新内容を含めて3.24へ更新いたします。お手数をおかけいたしますが、最新バージョンへの更新作業を実施くださいますようお願いいたします。」

何と、結局最新版でファームウェアのアップデートしたら済むってことでした!

メーカに騙された気分!なので、まだアップデートしていない人は今からでも全然遅くないってことですよ。

なのでもう一度、最新版のダウンロード先記載しておきます。

最新ファームウエアのアップデート方法

fujiズームレンズ

アップデートするにはPCもしくはMacが必要になります。普通に簡単です。

  1. 富士フィルムのファームウェアダウンロードサイトからPCもしくはMacにデータをダウンロードする。
  2. ダウンローしたデータを解凍する。
  3. 解凍したデータをSDカードに移す。
  4. SDカードをカメラにセットしてファームウェアのアップデートをする。

以上です。

一番厄介なので、カメラにSDカードを入れてからアップデートする方法ですが、これも慣れれば簡単!

ここに詳細説明があるので、ここをよく読んでね!

ファームウエアのアップデートで変わったこと!

X-E3写真

何が変わったのか、正直全然わかりません。(泣)

今回のアップデートによるメーカの説明は、特定の条件下において「メカシャッター」または「電子先幕シャッター」方式を使った静止画撮影時の解像度を向上しました。ですが、老眼の私には全然分らないのが正直なところ!

カメラを最高な状態で使うことを考えるとメーカのお勧めセッティングにするほうが良いでしょう。

メーカさんも「X-E3」のファームウエアアップデートをまだまだ出してくれるってことは、今後も期待したい一心です。ぜひぜひ「X-E3」を末永く使えるようにお願いします。

BlogRankingに登録しました。

レンズファームウェア
Todo and Blogテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください