GR digital Ⅳ 購入記録

スポンサーリンク




 価値観の変更

いつ頃からか携帯電話を持つようになって、写真は携帯で撮るのが当たり前のようになっていた。

携帯で写真を撮りだして、もう既に10年は経つだろう。

今の表現方法でガラケーで撮影した写真はおそらく、デジカメ(コンデジ)で撮影した写真より枚数が多いかも知れない。(多分多い)

携帯はいつも持ち歩いている。

デジカメは撮影しようと思わないと持ち出すことがなかった。

おそらく普通の人は私と同じ考えだと思う。

特にiPhoneを使いだしてから、携帯画像のグレード(解像度)が大幅にUPした。

大きな画面で見れる写真は十分で、なおかつ、そのままメールやFlickr等のクラウドにUPできる点は利便性が非常に良い。

私のiPhone歴もiPhone3、iPhone4、iPhone5と2年に一度は新機種に変更している。

その私が思いもよらなかったことに昨年、数年ぶりにデジカメを購入しました。

約1年前のことですが、Ricohから「GR」が発売されました。

そして選択へ

GR

GRシリーズは昔からきれいな写真が撮れると評判です。

 ただ、価格は非常に高価であり、私には手が出なかった。

そこで、狙ったのが型落ちとなった「GR digital Ⅳ」だ。

GR-DIGITAL-IV-

色々と価格を調査すると、予算範囲ではないか。

購入記録は後日アップするとして、この機種に決定である。

 一つだけ迷ったのは、同じRicohが発売している「GXR A16」だ。

GXR

これも、mono好きの私にはたまらないほどのマシンである。

レンズ交換が可能で、いろいろな組み合わせて遊べる点がたまらなかった。

しかし、2点だけ私の希望とは反した。

1点目が携帯性である。

いつも持参することを目的と考えていたので、通勤カバンに「RICOH GXR A16」を入れるだけで嵩張る点

これは、どうしようもない点である。それとカメラを始める私にとっては、いつも撮影できる体制が欲しかったで、これは無理と判断した。

2点目は、手ブレ補正なしである。

カメラ、ド素人にはやはり、この点は大きいと考えた。

結果、私がチョイスしたのは「GR digital Ⅳ」である。

これで、初の「単焦点レンズ」のカメラを手にした私は、その後Cameraにはまっていくのである。

お金がかかる趣味が増えたことは間違いない。

つづき ↓

 

 


RICOH デジタルカメラ GRII APS-CサイズCMOSセンサー ローパスフィルタレス 175840


RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL IV 175720

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

camera、mac、gadget大好きなおじさんです。何でもひとつのフォルダーにまとめることで、無くさない精神を保っています。「ひとまとめ」はそんな気持ちでBlogタイトルにしました。