Macの日本語入力「ライブ変換」に戸惑う日々

Macの日本語入力「ライブ変換」に戸惑う日々
この記事の所要時間: 229

Macの日本語入力のライブ変換が便利だと思って使っていたのですが、長い間ウィンドウズを使ってきたので、どうもライブ変換に慣れません。

便利な変換方法が私には合わないのです。

ライブ変換とりけし方法

普通、日本語入力では下記のような方法で変換します。

・まずは文字を入力
・「スペース」キーで変換
・「Enter」キーで確定

おそらく、何十年もこの方法で入力してきました。

これが、ライブ変換の場合、文字を入力すると「スペース」キーを押さなくても自動的に変換候補が出てきます。

こんな感じです。

「きょうは」と入力しただけで自動的に漢字に変換されます。これでOKならばEnterキーで確定すれば変換終了なので、普通に入力するときのように「スペース」キーを押さなくてもOKなので、作業的には1工程少なくなります。

文字数が多いときはこれがとても便利だと思っていたのですが、Macの変換が思ったより賢くなくて、これが段々とイライラするんです。

そのうちストレスが溜まってきて私の場合、文字を打っているのが嫌になってきます。

もしかしたら、Macにも学習機能があるのかもしれないので、打ち続けているうちに私の変換機能を学習してくれるのかもしれませんが、そこまで待てないのが現状です。

なので、このライブ変換をOFFに設定しました。

設定方法は、下記の手順です。

まず、右上にあるメニューの「あ」の所をクリック

すると、ライブ変換の横にチェックマークがあります。

ライブ変換をクリックすると、このチェックマークを外すことが出来ます。

これで、従来からの変換システムに戻りました。

思うこと

本当は、必ずと言っていい程、ライブ変換の方が1工程少なくなる分、文字入力は楽になるはずです。しかし私の場合はこの便利さが思わぬストレスになりました。

やはり、長年使ってきた慣れなんでしょうか?
「スペース」キーを押した方が変換する時のリズムがいいのです。

便利と言うか、自分のタイミングが合うのかも知れません。

思わぬ落とし穴でした。

こんなことって、世の中けっこうありますよね!


Apple MacBook Air (13.3/1.6GHz Dual Core i5/8GB/128GB/802.11ac/USB3/Thunderbolt2) MMGF2J/A


APPLE MacBook (1.1GHzデュアルコア Intel CoreMプロセッサ/12型/8GB/256GB/USB-C/ゴールド) MK4M2J/A


Apple MacBook Pro 256GB SSD 13インチ Retina Displayモデル Core i5 2.0GHz アップル MLL42J/A スペースグレイ MLL42JA

Appleカテゴリの最新記事