Amazonの評価はどこまで信用できるのか

Amazonの評価はどこまで信用できるのか
この記事の所要時間: 212

最近は、買い物と言えばAmazonで購入する機会が多くなっています。

商品を店舗で見てからネットで注文!
このパターンがとても多い。

実物を見れない商品の場合、購入するか否かで迷った時はやはり頼りになるのは、購入者の評価となります。

で、この評価は適切なのか
どこまで信頼性があるのか
そこは、本当に不明確だと思っています。

商品の使い方は人それぞれだし、好みも人により全然違うので、当然ですが良い人もあれば、悪い人もいる。

知り合いなら性格や普段の生活を見ているので、この人が勧めるなら購入しようかと思ったり、この人のレビューが悪かったらためらったりと、はっきりとするのですが、ネットの場合、会ったことも無い人のレビューをどこまで信用して購入するか本当に難しい。

そこで、先日こんなことがありました。

ある商品をAmazonで購入して、自分なりにレビューして評価しました。

特に悪い評価をした訳でもなかったのですが、Amazonの星的には3つの評価としました。

この評価を見た出品者からメールで連絡があり、不良品なら返金するとのこと。

レビューで一言も不良品なんて書いた覚えもなかったので、「不良品ではなく、素直に自分が使った時の感想で、返金してほしいとは思わないし、価格的には合格点だと思う」と返信しました。

そうすると、またメールで届いて「それならレビューを見直してほしい」とのことでした。

星3つならダメなんでしょうか

別に本人の感想なので、これに拘る必要があるのか疑問でした。

このやりとりをしてからは、メーカはこんなやり取りをして、星の数を上げているのか?と疑問に思いました。

メーカの必死差は良くわかりますが、ここまでする必要があるのか?と思っています。

結局、返金して対応が早いから星4つぐらいにすればOKな印象を感じました、私の評価は見直すことなく、星3つのままです。

なので、これ以降Amazonで買い物する時に評価はある程度参考にするだけとしました。

 


Apple MacBook Air (13.3/1.6GHz Dual Core i5/8GB/128GB/802.11ac/USB3/Thunderbolt2) MMGF2J/A


Fire TV Stick (New モデル)


Amazonギフト券(グリーティングカードタイプ ) – 3,000円 (誕生日)

pentax

Amazonプライム・ビデオ

PC & Gadgetカテゴリの最新記事