簡単!iPhoneバッテリーの消耗を抑える方法




iPhoneのバッテリー消耗が異常に悪いと以前記事にしました。

iPhoneのバッテリーが急激に消耗した AppleCareに相談したけど、何も対策は無かったこと。

2018-12-10

この時は、バッテリー交換でAppleに問い合わせても予約が取れないほどgenius barが混んでいた状況だったので、対策としては年明けまで予備バッテリーで暮らす計画だったのですが、ここ数日、ある対策で少しバッテリー消耗が改善したので、その方法についてご説明します。

iPhoneのバッテリー消耗率が悪い

急にバッテリーの調子が悪くなりました。

朝100%だったのが、通勤電車でTwitterやニュースを見ているだけで会社に着いた時にiPhoneの画面でバッテリーを確認すると21%でした。

あれから、何かと対策をとりましたが、全然ダメで諦めていたのですが

今回の改善方法は単純なことでした。

バッテリー消耗改善方法

何気に操作した内容ですが、「単純に位置情報サービスの設定を変更しました。」

iPhoneの「設定」⇨「プライバシー」⇨「位置情報サービス」の一番上の全体をOFFにする。

 

今までは、カメラやGoogleMaps等のよく使うアプリは「このAppの使用中のみ許可」で対応していたのですが、それではダメだったので「全体をOFFにすること」にしました。

この全体をOFFにすることが鍵です。

全体をOFFにした期間は2日関です。

私の場合、2日間OFFにしていても何も困ることはありませんでした。(出張関係が少なかったので、位置情報サービスを使う機会がありませんでした。)

この全体をOFFにしたことによって、3日目にONにして使ったら、バッテリーの消耗が少し改善しました。

今までは、1日2回は充電していたのですが、この改善方法の結果、1日中バッテリーが保つようになりました。(個人的な使い方で)

実際にはバッテリー問題が生じてからiPhoneを使う機会は少なくなったのこともありますが・・・

しかも驚くことに日にちが経つ度にバッテリー充電する機会が少なくなりました。

私の場合、この方法が大正解でした。

個人差や個体差がありますがバッテリー問題で困っている方は、一度お試しするのも良いのでは無いでしょうか!



思うこと

なぜこの方法で改善できたのか、はっきりとした理由は分かりません。

そのため、皆さんが同じ方法で改善できる保証は一切ありません。

ただ、実際に私のiPhoneはこれで少し改善しました。

このまま、ずっと改善するとは思いませんが、一時のバッテリー問題からは少し改善され、気分的に楽になってきました。

最終的には、Appleでバッテリーを新品に変更してもらうのが一番良い方法だと思いますが、少しだけ改善したので参考にしてもらえればと思います。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥112,104 (2019/08/19 07:52:53時点 Amazon調べ-詳細)



Todo and Blogテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください