フジノンレンズ「XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II」標準付属レンズを今頃買い戻す。

fuji XC50-230mm

久しぶりのレンズネタです。

カメラセットを購入してよく付いてくる標準付属レンズってチープな製品が多くて、最初だけ使って買い取りに出したり、使わなくなったりする事って多くないですか?

そんな標準付属レンズを今頃になってまた買ってしまった!

XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II

fuji XC50-230mm

中望遠と言うカテゴリーになるのかな?

35mm換算で75-345mmでF値はそんなに高くなくF4.5-6.7でレンズ内手ブレ補正付、レンズ本体は軽くて持ち歩きやすい。旅行鞄に入れてても苦にならない重量375g

色々な評価を見ていると、オートフォーカスでたまにピントを迷うらしく、それがイライラするとか。

けど、全体的に割と評価も高くて、綺麗な作例がネット上でたくさん上がってます。

価格は新品で購入すると58,300円(改めて思うフジ の標準レンズって高い!)

中古なら2万円から3万円で販売されてる。あまり使われてない良品が結構ありますよ!

コロナ禍でレンズ業界も少し中古価格も上がってるように感じる。

新品で買う予定は無かったのでお馴染みの「カメラのキタムラ」さんで店内をウロウロしていると良さげな物を見つけたので思わず昨年に買ってました(笑)

XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II 使い方

実は昨年にこのレンズとよく似た中望遠を買っています。買ったのはオールドレンズだけどこれはこれで楽しい。

オールドレンズ「SMC PENTAX Zoom 80-200mm F4.5」を購入しました!

オールドレンズはマニュアルフォーカスなので使い勝手は全然違うけど、焦点距離は完全に重なるのですが、写りがぜんぜん違うので両者使っていてとても楽しい。オールドレンズは特にそのカラーが面白いですね!

それと比較すると、XC50-230mmF4.5-6.7 OIS IIはとても便利です。

オートフォーカスって素晴らしいし、レンズ内手ブレ補正も優秀です。

このXC50-230mmF4.5-6.7 OIS IIの使い方は主に風景写真、ちょっと望遠を楽しみたい時に使っています。

月も撮影しましたが、明るさは十分なのですが、もう少し距離が届かないって感じです。

当然、相棒は「X-E3」です。

X-E3に取り付けるとレンズだけが目立ってしまってレンズを持って歩いてる感がありありです。

まあ、それでも楽しい!

XC50-230mmF4.5-6.7 OIS IIの仕様と詳細

ささっと仕様と詳細写真のご紹介!

XC50-230mmの仕様

型番 フジノンレンズ XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
レンズ構成 10群13枚
(非球面レンズ1枚、異常分散レンズ1枚)
焦点距離 f=50-230mm(35mm判換算:76-350mm相当)
画角 31.7° – 7.1°
最大口径比(開放絞り) F4.5 – F6.7
最小絞り F22
絞り形式 羽根枚数:7枚(円形絞り)
ステップ段差:1/3ステップ(全15段)
最短撮影距離(撮像素子面から) 標準 1.1m-∞(ズーム全域)
マクロ 1.1m-3m
最大撮影倍率 0.2倍(W端)
外形寸法:最大径×長さ*1 (約) ø69.5mm × 111mm(W端)
ø69.5mm x 177mm(T端)
質量*2 (約) 375g
フィルターサイズ ø58mm

XC50-230mm本体の詳細写真

fuji XC50-230mm

改めて見るとやっぱりでかい!品質はプラスチック部分が多いので少し安っぽい!

レンズ正面からの顔!レンズを見る時に一番好きなのがこの正面からの顔

これ見てレンズを買った気分が高揚する。

fuji XC50-230mm

フードを付けるともっと大きくなる。これでもレンズ本体が軽いので持ち歩きには気にならないが、ちょっと長さがあるので、周辺に気を使う。

fuji XC50-230mm

愛機「X-E3」に取り付けるとこんな感じです。レンズばかり目立つ!

fuji XC50-230mm

オールドレンズ「SMC PENTAX Zoom 80-200mm F4.5」と並べると長さは変わりないが、オールドレンズはかなり思い!重量感があって、そのぶん質が高いけどね!

XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II作例

適当に撮ってきた写真を作例としました。

fuji XC50-230mm

こんな風景写真を撮っているのが一番楽しいです。画質落としてるのでBlogに貼るには厳しいかも。

fuji XC50-230mm

こんな時にピントが迷います。お花にいったり、アブにいったりとこれは仕方ないかも!この価格での限界かもしれないですね!

fuji XC50-230mm

これもね水辺やカモを行ったり来たりでピントが合いません。けど、こんな写真が撮れるのが中望遠の魅力の一つとでも言える。

fuji XC50-230mm

最後にこの日のお気に入りの一枚です。

XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II感想

fuji XC50-230mm

「XC50-230mmF4.5-6.7 OIS Il」を使った感想ですが、標準レンズってやっぱりメーカが研究開発して作っているレンズなので、それなりに楽しめることは理解できます。

カメラ入門には面白いと思いました。今まで50mm以下の単焦点が好きだったけど、望遠使うと楽しい。

確かにピント迷いまくる時ってかなりの率であるけど、それも腕次第かな?と思って使ってます。

寒くなるとなかなか外に出かける日が少なくなったけど、楽しみが増えたことは間違いない。また飽きたなんて言いそうだけど当分はこのレンズでカメラLife楽しみます。

BlogRankingに登録しました。

fuji XC50-230mm
Todo and Blogテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください