無印良品の「湯たんぽ」買いました。

無印良品の「湯たんぽ」買いました。
この記事の所要時間: 311

湯たんぽ1

はじめに

11月も終盤になり、とても寒くなってきました。

単身赴任先の我家にはエアコンとコタツがあるのですが、賃貸マンションのお約束事でストーブが禁止されています。エアコンでは部屋全体が温かくならず、特に足元が冷えます。

毎年、冬のこの時期は寒くてしかたありません。

私は、持病として腰痛をもっているので腰を温める手段として、今回は無印良品「湯たんぽ」を購入しました。

偶然にも、11月14日から11月25日まで無印良品週間で会員限定の10%割引キャンペーンがあってお得に購入しました。

 

製品紹介

無印良品で販売されている「湯たんぽ」は大きさが3種類あります。

デザインは全て同じで大きさが異なり、大中小となっています。

お湯を入れる容量が、大は2L、中は1.1L、小は470mlとなっています。

大は少し大きいと感じたので、中と小でとても迷ったのですが、中を購入してみました。

購入した湯たんぽ「中」の仕様は、本体、キャップ共ポリエチレン製、本体は110℃蓋は120℃まで耐熱温度があるようです。

一般的にお湯を沸かすと何度になるのか?良くわかりませんが、本体が溶けなければOKでしょう。

さて、購入した湯たんぽ君です。

R0012885

R0012886

蓋の部分に注意事項も記載しています。「就寝前に布団から出すようにと!」そんなことするのは嫌です。ずーと足元に入れておくのが湯たんぽ君の仕事では?と思っています。

低温やけどには注意が必要です、就寝前に布団から出すか否かは自己責任でお願いします。

さて、これだけの本体を購入しても意味がありません。

タオルで巻くのも良いですが、ここは流石に無印良品店です。セット売りのカバーも当然購入しました。

購入したのは好みのデザインではなかったのですが、シンプルで手触りがよさそうな品を購入しました。

R0012887

このカバーに湯たんぽ君を入れることが出来ます。

R0012888

湯たんぽを中に入れて見た感じです。

R0012890

流石に専用のカバーだけにぴったり入ります。横からの厚みはこんな感じです。

R0012889

適度な大きさで良かったです。

やはり、小でも良かったかも知れません。それは、お湯を沸かす量が少なくて済むからです。

現在、この湯たんぽ君を抱きながらブログを書いています。

約1時間経過しましたが、まだまだ温かいです。良い感じです。

はじめて湯たんぽを購入して使っていますが、確か昔は寝るときに使った湯たんぽのお湯を次の日の朝、コーヒー等に使用すると記憶があります。明日の朝は、この湯たんぽ君から生まれたお湯を再沸騰させてコーヒーを飲んでみたいと思います。(少しのエコか?)

時代に反している湯たんぽですが、抱いているだけで気持ちがやすらぎます。

使い捨てカイロや暖房器具も当然良いのですが、このような湯たんぽもとても良いと思います。ぜひ皆さんも湯たんぽを見直してください。

追記
湯たんぽにお湯を入れて12時間経過しましたが
まだ温かいです。
思ったより長持ちします。

追記2(20150309)
低温やけどについてご指摘とご意見いただきました。
使い方によると思いますが、使用には十分気を付けてお使いください。

無印良品の果汁100%ゼリーが美味しい。無印良品の「湯たんぽ」買いました。無印良品の「イヤーマフ」買いました。無印良品のレトルトが美味しい。無印良品の「ネッククッション」購入しました。

追加:湯たんぽ記事上昇中

 

スリーアップ

Life & goodsカテゴリの最新記事