レザークラフト教室 「HEART LEATHER」に行ってきました。

レザークラフト教室 「HEART LEATHER」に行ってきました。
この記事の所要時間: 327

shoe-264755_640

新しい趣味!「レザークラフト」にはまりつつあります。

9月末にもレザークラフト教室に出かけましたが、またまたレザークラフト体験に行ってきました。今回行った1日体験入学は武蔵小山駅徒歩5分にある「HEART LEATHER」です。11月の3連休最終日に行ってきました。予約したのは前日でしたが、人数的に空きがあったようで気安く了承いただきました。

ここ「HEART LEATHER」では体験コースでも何種類かのコースがあります。

Screenshot_11

今回、私が選択したのは画像の左にあるコインケースです。お値段は3000円と思ったより安かったと思います。作業の総時間は、3時間弱で仕上がりました。作成途中の写真を沢山撮ってきましたが、作成に夢中で手順とおりではありませんが参考にして下さい。

まずは、型取りからです。準備していただいた型紙から皮に鉛筆で線を引いていきます。

0011カッティングしたのが下の写真です。直線は、定規を使ってカットするので簡単ですが、曲線部分や細かな箇所はなかなか上手くカット出来ませんでした。

0021円形の部分には写真のような道具を使ってカットします。このような道具があるのことを初めて知りました。教室には沢山の道具があって、見ているだけで楽しかったです。他の人も沢山いたので、教室の写真は写せませんでした。

0031革を馴染ませるための塗料です。以前の教室では染色を体験しましたが、ここでも良く似た作業でした。以前の経験が活かせて上手く塗れると思ったのですが・・・

0041塗り終わった結果が下の写真です。

均等に塗れていないのが良くわかります。やはり素人でした。

0051次は、「トコノール」といったノリみたいなもので革の端っこを綺麗に磨きます。

006

トコノールで磨き終わった所です。

007

 

こちらは、磨く前の写真です。その差がわかるでしょうか?

008

次は、革の一部分を折り曲げる作業です。革に水をつけて、ゆっくりと曲げていきます。

009

まずは、片方です。こんな感じ曲げます。

010

両方とも上手く曲げることが出来ました。

011

次は、手縫い前に少しだけボンドをつけます。

012

ボンドをつけるとすぐ剥がれるので、クリップで止めます。

013

ボンドが乾くまで他の場所のアイテムを作成。手縫いする糸の色は、緑を選択しました。コンチョ部も緑を選択

014

ボンドが乾いてきたので、そろそろ手縫いの準備です。まずは、穴あけです。これも、前回での教室でやったので簡単に処理できました。

015

では手縫いに入ります。今回の手縫い部分は短いのであっと言う間に終わりました。写真を撮るのを忘れたのですが、今回は糸の針通しも教わりました。

016

最終処理をライターで焼くそうです。これも体験しました。

017

これが、全部を塗い終わった状況です。

018

茶色の革に緑の糸が似合っています。

019

では、完成品です。正面からの写真です。

020

左側面です。小銭入れの割に幅があります。

021

右側面です。

022

裏面です。表よりはあっさりしていますが、持った感じは非常に良いです。

023

蓋部分を開けた状態です。

024

参考に、サンプルで教室にあった同一品です。こちらは、黒ですが使用感があり、素敵でした。

025

今回で2回目の体験教室になります。前回の体験があるので、道具を使うのに緊張もせずに出来ました。細かい部分がやはり上手くいきませんでしたが、慣れるしかないと思います。

ここの教室の先生は女性で丁寧に教えていただきました。とても感謝しています。まだまだ、覚えないといけないことが沢山あります。これからも時間があればこのような教室に参加したいと思っています。


レザークラフトコンプリートキット 【TVで紹介された匠の技、1本1本磨きと焼きが入った日本製菱目打ちもセレクト】プロも使用している拘りの手縫い用工具18点セット

Life & goodsカテゴリの最新記事