定期券の払い戻しに行ったのに返金0円?

定期券の払い戻しに行ったのに返金0円?
この記事の所要時間: 31

pass-304656_640

転勤や転職、学校の卒業時期になると、定期券の有効期限が気になって来ます。

使わないのに有効期限がある場合は、早めに解約して現金に戻す。これが基本だと思うのですが、微妙に残っている有効期限の場合、いつ払い戻しに行けば良いのか迷っているうちに、返金額が0円になることもあります。

今日は、そんな定期券の払い戻しに関する情報をBlogの記事にしました。

教訓は「払い戻しはお早めに!」計画することが重要ですよ!

皆んの参考になれば幸いです。

はじめに

3年間の単身赴任生活を終え、地元の関西に戻ることになりました。

3年前に東京へ転勤と聞いたときは、何となく嫌な感じしかありませんでしたが、3年間の東京での生活を振り返ると良い思い出しかありません。イメージって恐ろしい物ですね!

この3年間で知り得た知識、知り合った人々、得た有効な時間、経験、体験は貴重なものです。

東京に行って良かったと思いました。

さて、本題です。

3月末に定期券の解約に行ってきました。

約1か月間の定期が残っていたので、解約して会社に返金しようと思ったのですが、

結果的に1か月程度の期間では払い戻しがないことを知りました。

今回はそのメモとして記録を残しておきます。

私の通勤定期代

定期代はどこの会社でも経費削減のため6か月の先払いが多いと思います。

「たまに、毎月定期代を支払ってくれる会社があるようですが、そんな会社に勤めている方は6か月定期買う方が断然有利なので、初期出費は大きいかもしれませんが、6か月購入することをお勧めします。」

私の場合、会社は神田駅近くにあり、自宅は神田駅から約30分くらいの駅でした。

6か月の定期代が31,020円でした。

ここで感じるかも知れませんが、東京のJRは関西地区と比較してとても安いです。

私鉄が多く競争相手が沢山なので鉄道会社の戦略の一つになっているのかも知れません。

この定期で5か月弱使いました。

残り1か月以上残っていたので当然返金され、いくらか戻ってくると思っていたのですが、

JR東日本の窓口に行くと、返金するのに計算方法があることを教えていただきました。

計算方法

6か月定期解約時の計算方法は下記の式になります。

「6か月-(3か月分+1か月分×2)-220円(手数料)」

これに私の定期代を換算すると、

31,020円-(18,410円+6,460円×2)-220円=-530円とマイナスになり返金なしとのことでした。

インターネットでも間単に計算することが出来ます。

こちらで計算してみて下さい。

思ったこと

正直、驚きました。

残期間があると返金されるのが当然だと思っていたのですが、そうではないのです。

東京から引っ越すのに、残りの1か月の定期を持っていても意味がありません。

何となく損をしたような気持ちで一杯です。

今回は、近距離だったのでこのような結果になったのかも知れませんが、もし定期を解約する方がいらっしゃったら参考にして下さい。

計画はお早めにです。

 


(コーチ) COACH パスケース 定期入れ ブラック レザー f74772blk ブランド 並行輸入品


[イーモノ] e-mono パスケース 定期入れ 三面 二つ折り (ブラック≪メール便≫)


ソニック パスケース 小銭入付 ブレイブ ブラック SK-6297-D

雑感カテゴリの最新記事