シンガポール旅行記 Vol.4(市内観光編)

シンガポール旅行記 Vol.4(市内観光編)
この記事の所要時間: 912

さて、旅行3日目です。シンガポール滞在2日目になります。

ホテルのお部屋から見る朝はこんな感じです。

時間は朝の7時過ぎでした。

シンガポールは日本より西にあるので、日の出が遅い。

確か、九州も出張で行った時に朝が遅いと感じましたが、同じ感覚です。

朝からトラブル

ぐっすりと寝たので、体調万全で元気満々の朝です。

早速、朝から活動しようと思った矢先!

トラブル発生です。シンガポール3日目はトラブルからの始まりでした。

日本から持っていったドライヤーが電圧の関係で使えないことが判明!

シンガポール用のコンセントは、予め準備していたのですが、まさかドライヤーが日本規格とは思ってもいなく、確認するのを忘れていました。(情けない!)

仕方なく、ホテルのフロントに連絡して、変圧器のレンタルを申し込むも、英語が通じたのか通じないのが不明!

こんな時に便利なのが、アメックスさんにお願いしたいことをメールで送ると、アメックスのサービスでホテルにそのことを伝えてくれます。

そんな事をしているうちに、フロントから連絡があって、準備できたようで、無事に変圧器が部屋に届きました。

アメックスさん流石です。

旅行をアメックストラベルで注文して最大に良かった点でした。

さて、朝からそんなトラブルがありましたが、本日も観光です。

残り2日楽しむために朝から全員活動的でした。

本日の散策

今日は夜のツアーに申し込みをしているので、朝は街を散策です。

今日の目的地は、「チャイナタウン」の見学に行って来ました。

http://singapore.navi.com/miru/63/

シンガポールの金融街や都心の朝は、けっこう遅くからお店が開くのですが

チャイナタウンは朝から活気が凄い!

人!人!人!と流石はアジアです。

9時半には目的地について、散策と少しお土産を購入!

ここに来た目的は、まずは「かき氷」

台湾でも有名なフワフワのかき氷を食しました。

沢山あった中でチョイスしたのはゴマ味

こんな感じのかき氷です。

このかき氷の見た目は悪いかもしれませんが、ゴマ最高です。

かき氷と一緒に注文したのが、マンゴー??

名前忘れましたが、マンゴーを寒天で包んだようなもの

これまた、美味かった。

二つ合わせて、800円位だったと記憶しています。

4人で食したので、とても割安でした。

朝から満足な一品を食して、次に向かったのが「チャイナタウン・コンプレックス・フードコート」

ここは、かなり有名なようで朝からたくさんの人がいらっしゃいました。

よく考えるとまたまた食ですね!

ここで最も有名なのが、蒸し鶏とチャーハンらしいです。

お店の前は朝から行列

注文した一品はもちろん、一番人気!

とてもリーズナブルで500円位でした。

私は、あまり鳥が好きでないので、少しだけチャーハンをいただきましたが、美味でした。

午前中の目的は、この2件で終了です。

その後は近くのショッピングモールに行きウィンドウショッピングしましたが、流石に私は買い物に飽きたので、ここで一人で行動することにしました。

待ち合わせは、夕方のツアー集合場所の「フェアモントシンガポールホテル」のロビーに17:30としました。

さて、一人になってやはり行きたかった場所は、シンガポールと言えば、マーライオンです。

夜のツアーで行く予定になっていましたが、お昼の姿もやはり見たい。

そこで、例の地下鉄マップを片手に、単独行動をしてみました。

WiFiの機械は1台しかレンタルしていなかったので、家族にWiFiを預けて、私はアナログでの移動となりました。

分かれた場所は地下鉄チャイナタウン駅付近だったので、そこからマーライオンがある最寄駅「Fullerton Sq」まで地下鉄で移動。地下鉄は移動手段として本当に便利でした。

 

それにしもて、ここからが大変でした。

駅に着いたのですが、どこにマーライオンがあるのか分かりません。

WiFiを持っていないことで、方角もわからずです。(かなり焦りました。)

駅にある地図を見ても、マーライオンの位置は全然わかりません。

WiFiがあれば、何ともないことですが、ここまで分からないとは思いもしませんでした。

その時に感じたのですが、駅にあるパンフレットは英語と中国語ばかりで、日本語はありませんでした。

これだけ、日本旅行客が沢山来ていると思うのですが、あらゆる駅でも日本語のガイドブックはほとんどなかったと思います。

これも、ネット時代であることから、ガイドブックを作る意味がなくなってきたのかも知れませんが、あってほしかったのが現状です。

でも、何も持たずに観光する勇気だけは私にあったし(笑)
それだけ、シンガポールは安全な街でした。

それでも、目的のマーライオンを探そうと、必死で駅にある地図を見て、位置を確認して、写メを撮り、移動すること約20分でマーライオンに出会えました。

マーライオンは口から水を出していましたが、おっさん目から涙出そうでした。
50のオッサンの「初めてのお使い」終了です。

ここで、実感したことは、ネット必須です。
ネットがあれば、怖いものなし。

目的のマーライオンを満喫して、周辺の写真を撮りながら散策!

途中で喉が渇いたので、Cafeと思ったのですが、英語が通じないかと思い、近くにあったスタバに立ち寄りました。

言葉なくても指で商品を挿すだけで注文できるのはありがたい。

念願のお昼のマーライオンも見れたし、一服したのでそろそろ家族との待ち合わせ場所まで移動です。
最寄駅を確認して、いざ出発も最寄駅を勘違いしていて、身動きが取れなくなったことがありました。
ここでもネットがなかったことが苦になります。

途中で、タクシーで移動しようと考えましたが、金曜日だったため、タクシーも行列でなかなかなか列が進みそうになかったので、また地下鉄に乗って移動して、地元の方に何度も場所を聞きながら、待ち合わせ時間5分前にギリギリ到着です。

ここでありがたかったのが、地元の方がとても親切で、英語が喋れない私の要求を何とか聞き取ろうとしてくれた方々に本当に感謝しました。

日本に旅行に来ている外国の方を見ることが多くなった昨今ですが、この親切心を心掛けたいと思いましたね!

何とか家族と合流して、夜のツアーに出発です。

バスで移動するも金曜日で車は大渋滞!
時間ぎりぎりで、食事の場所に着きましたが、食事時間が45分と制限がありました。
制限時間があったことから、食べることに必死になり、写真を撮るのを忘れていました。

それでも、1枚だけ子供がiPhoneで撮っていたのが、有名なカニ料理「チリクラブ」でした。

少し、ピリ辛でしたが、美味しかったです。ただもう少し蟹を食べやすくしてほしかった気もします。あまり、身の部分がなかったのが残念でした。

食事を終了した後は、遊覧船で夜のマーライオンを見学に行きました。
お昼も良かったですが、流石に夜は雰囲気が出ます。

少しマーライオンが白とびしていますが、綺麗でした。

ほかにも、夜は15分のライトアップショーもやっていました。

ショー自体は、もう少し凝ったものと思いましたが、少し残念な結果でした。

一応、iPhone7で15分間撮影したので、YouTubeにでもアップすれば、あとから添付しておきます。

こちら15分フルバージョンです。

かなり長いので、15分バージョンと短縮バージョンを作成しました。

速度を4倍で設定しました。それでも4分弱はあります。

マーライオンのショーが終わって、ツアーの時間も少なかったのですぐに移動しました。

次は、ガーデンバイザベイのライトアップショーです。

マーライオンの時の同じく15分間のショータイムです。

マーライオンよりは少しましです。^_^

ここの公園では、映画「avatar」のような雰囲気が味合えます。

なかなかいい感じでしょ!

すごく良かったです。

ショータイムも地べたに寝転んで見ているとすごく綺麗に見れることがあるので、この姿勢で見学することをお勧めです。

ツアーが終了したのが、夜の9時過ぎだったと記憶しています。

観光地に行くと、ツアーで有名な場所を見るのも1つの手段だと思います。

我が家は、毎回旅行の際に1つはツアーでに入って、地元を観光しています。

今回のツアーは夕食付きで1人7千円程度だったと思います。

高いですが、コンダクターの説明があるので、参加しても飽きないと思います。

現に、今回のツアーにお一人で参加されていた方もいらっっしゃいました。

なぜか、そういった方と仲良くなるのも、我が家です。

ホテルに戻ると、出かけに枕元にメッセージを記入して行ったことを思い出しました。

ホテルのサービスマンにお礼のつもりでメッセージを書いたのですが、サービスマンから返事が書いてありました。

まさか返事をいただくと思わなかったので嬉しかったです。

「パークロイヤル オン キッチナーロードホテル」最高です。

シンガポール滞在、2日目はこんな感じでした。

今日も、とても疲れたのでお風呂に入るとダウンです。

以上、ここまでが、Vol. 4(市内観光編)となります。

長くお付き合いありがとうございました。

次は、最終日です。シンガポールの最終日は主にお土産を買いに出かけました。

お楽しみ下さい。

では、次回のVol.5(最終日編)を楽しみにして下さい。

 


PENTAX デジタル一眼レフ K-70 ボディ 【ブラック】 K-70 BODY BLACK 16245


22 地球の歩き方 aruco シンガポール 2018~2019 (地球の歩き方aruco)


R19 地球の歩き方 リゾートスタイル ファミリーで行くシンガポール 2017~2018 (地球の歩き方リゾートスタイル)


[Travelhouse]スーツケース キャリーケース 軽量 TSAロック ファスナータイプ 半鏡面仕上げ(S, black)


ミニオン スーツケース 機内持ち込み 旅行 かばん キャリーケース セット 21インチ 53cm

Food & Travelカテゴリの最新記事