IKEAに対抗 大阪鶴浜に出来た「東京インテリア家具」に行って来た。

この記事の所要時間: 322

平成29年2月27日に「東京インテリア家具」が大阪鶴浜に出店してから約2か月経過しました。

そろそろ混雑ぶりも、ましになったかと思って、先日奥さんとお買い物に行ってきました。

場所は、IKEA鶴浜店の正面(隣?)に堂々と喧嘩を売るようにお店を構えています。

相当な自信ですね!ただし、消費者にとっては両方のお店が近くにあるので、駐車場に車を停めてからでも両方のお店に行けるのはとても便利な立地条件です。

場所こちら

スポンサーリンク2

店内拝見

IKEAには何度も足を運んでいるのでかなり見慣れましたが、同種類のお店は初めて入る時はワクワクしますね!
早速ですが「東京インテリア家具」に入ってみました。

外観はこんな感じです。

お店に入ると奥までとても長く、深くて直線で200m以上はありそうで地平線ではないですが、久しぶりに見たこの広さに感動しました。

お店は、ワンフロアだけで2階は見当たりません。

階段を上ったり下がったりするのは面倒なので、1階だけの方が店内を見て回るお客の立場としてはスムーズで新鮮に感じました。

肝心の品揃えですが、北欧のデザインを意識したIKEAに対して「東京インテリア家具」は普段の生活にあった商品が揃っている感じがしました。どちらかと言えば、ニトリの高級版って感じを受けました。

小物類も揃っていました。

私の部屋に置きたいソファーがありました。少しオールドちっくな感じのソファーを探しています。大きさ的にはベストな感じ。

この商品はセールで7800円!IKEAならもっと安く手に入りそうですが、質感は少し上を感じました。

小物類よりも普段使いの家具が多かった気がします。

IKEAは自分で組み立てるタイプが多いですが、「東京インテリア家具」の商品を昔ながらの家具が多かった感じです。質感もIKEAより良い感じをうけました。

家族的には40代をターゲットにしているように感じます。

奥にはソファーのフロアがあって、各メーカの担当者さんがしっかりと説明してくれます。これだけ、ソファーが並んでいるのを見るのは大塚家具に行った以来です。

子供用のベッドでとても良いのがありました。これ男の子が居たら買ってあげるのに

こんなベッドがあったら楽しいだろうな!と思いました。

思うこと

結局、東京インテリア家具では何も買わずにお店を出ました。何となく我が家に合うインテリアは見つからなかったのが原因です。

お店の感想は、入る前はドキドキしましたが、入るとニトリの高級版のようで、少し期待ハズレだったのが現実です。

もう少しじっくり見ようと思ったのですが、当日は腰痛が激しかったので、あまり歩き回る元気が無かったのも原因の一つかも知れません。

逆にIKEAの良かった点は、疲れたらカフェに入ることができること。

これが本当に良い空間だと思いました。買い物も確かに疲れるし、長い時間いるとお腹も空いてくるし、この点をカバーしているIKEAはやはり凄いと感じました。

今日の点数をあげると、10対6でIKEAの勝利と判定しました。

しかも、バスもあるし、この辺りのサービスからしてIKEA勝利です。

東京インテリア家具もこのままとは思えないので、巻き返しに期待しています。

何度も言いますが、消費者にとってはお店が近くにあるのは本当に便利でした。


IKEA(イケア) HOLMO 50184172 フロアランプ


IKEA 2017 カタログ 最新版


天井突っ張り オープンラック PROVA2 (プローバ2) 幅60cm 184~270cmの天井高対応 (ダークブラウン)


IKEA(イケア) JOKKMOKK 20211105 テーブル&チェア4脚, アンティークステイン