GR digital Ⅳ シャッター回数の確認方法

この記事の所要時間: 30

000

シャッター回数の寿命なるものがあるそうです。当たり前ですが、Cameraも精密機械なのである程度の限界値が設定されているようです。

2013年6月に購入した「GR digital Ⅳ」のシャッター寿命回数を調べようと思い、直接Pentaxにメールで問い合わせしてみました。

GR DIGITAL IVにつきましては5万回の耐久試験をクリア
しております。

以上のような回答をいただきました。ペンタックスリコー様ありがとうございます。

もちろんですが、シャッター回数ですから今までシャッターを押した回数です。試し撮りや、思わず触ったときの回数も含みます。使い方が荒いと5万回もシャッターを押すまでの故障するでしょう。

スポンサーリンク2

シャッター回数の調べ方

本体の見た目はまだまだ綺麗ですが、Cameraの中身はどうなのか?

001

シャッター回数を調べるには、本体の裏側にある、2つのボタンを同時に押します。(再生ボタンと、マクロボタンです。)

この時に重要なのは電源はOFF状態にしておいてください。

002

2つのボタンを同時に押すことにより、液晶に数字がたくさん出てきます。そのうちの、1行がシャッター回数となります。

さて、私の愛機「GR digital Ⅳ」君の年齢?は!

003

下から2行目にある「SH:○○」が今までにシャッターボタンを押した回数です。

私の場合、3618回となりました。

多い?少ない?

冒頭にも書きましたが、購入が2013年6月です。現在が2015年6月となるので2年が経過しました。

3618÷24か月÷30日=5枚/日です。

1日あたり、5枚の写真を撮ったことになります。

これは、多いのでしょうか?いえいえ全然少ないと思っています。

確かに、「PENTAX K-50」も所有しているので、プロの写真家でもなく、日常はサラリーマンのため仕事があります。そんな中での1日5枚です。やっぱり少ないですね!

これからのシャッター回数

ペンタックスリコーに問い合わせたときに、5万回の耐久テストをしていると回答がありましたが、その耐久回数から逆算して、1日平均5枚の写真を撮っている私が、今後「GR digital Ⅳ」であと何回シャッターが切れるのか、計算してみました。その結果

50,000÷5÷365日-2年=25.4年となりました。

現実には、このような計算の前にバッテリーやその他の部分で故障がくるでしょうが、計算上はあと25年分もシャッターボタンを押すことが可能です。

「GR digital Ⅳ」より先に、私がくたばりそうです。

この数字を見て、ひとまず安心しました。まだまだ大事にこの「GR digital Ⅳ」を使って、もっともっとたくさんの写真を撮って楽しみたいと思います。

次回は、PENTAX K-50のシャッター回数について調査したいと思います。

この記事を書いてから2年後の状況はこちらです。

Blog「ひとまとめ」を立ち上げた時はcamera主体のブログ構築を考えていました。 しかし、最近はタイトル通りひとまとめ気分...


RICOH デジタルカメラ GR APS-CサイズCMOSセンサー ローパスフィルタレス 175740


RICOH デジタル一眼レフ PENTAX K-50 DA18-135mmWRレンズキット ホワイト/ピンク 009 K-50 18-135WR KIT WHITE/PINK 009 11397