OneDriveの1年だけのサービス

OneDriveの1年だけのサービス
この記事の所要時間: 256

OneDriveが無料で1年間だけ100GB増量サービスをしています。
1年間限定ですが、良いサービスだと思います。

000

今は、情報漏洩の問題が多い時代です。USBでデータを持ち運ぶのは便利ですが、ついつい無くすことが多いです。たしかにUSBが軽くなりすぎて使い勝手は良いのですが、どこに入れたかわからなくなってしまいます。ニュースでも良く耳にします。

ネット時代で都市部ではどこに居てもネットにつなげることができます。このような大きなデータを持ち運ばずに、クラウドに置けるのはメリットがあるのではないでしょうか?

もちろん、DropBoxも使用しているので私は今回のキャンペーンに参加しました。
では、登録までの手順を簡単に説明します。

・登録手順
まずは、マイクロソフトのサイトに行ってください。 OneDrive

25255BUNSET-25255D2

英語は読めませんが「1年間限定の100GB何とか・・・」と書いているようです。

25255BUNSET-25255D3

言い忘れましたが、Microsoftのアカウントを取得してください。DropBoxも同様にお願いします。アカウントとパスワードを入力後、「サインイン」をポチ!

25255BUNSET-25255D4

なにも問題なければ、「はい」をポチ!

25255BUNSET-25255D5

「Save to Dropbox」をポチ!すごく簡単でしょう

25255BUNSET-25255D4

FaceBookでShareしてもよいですが、早く100GBゲットしているか確認したいのでここは「Get Started」をポチ!

25255BUNSET-25255D7

私の設定画面です。左下に容量が140GBとなっています。

私の場合、DropBoxで40数GBの容量があったので、合計の空き容量が140GBとなりました。1年限定ですが、この容量が使用可能です。

留意事項は、この増えた分が1年後にすぐに消えるとなると、データのどの部分がなくなるのかが怖いです。

・おわりに

本当にすごい時代になってきました。パソコン、タブレット、スマートフォンをもっていて、データはクラウドに置いておくと、いつでもどこでも仕事ができる時代になりました。都心では無線ランスポットが沢山あり、ネットに接続するにも不便を感じません。

クラウドが急になくなったりすることもあるかと思いますが、バックアップ用に多種のクラウドをもつのも良いアイデアではないでしょうか
ただし、クラウドはあくまでも簡易的にデータを置くだけで、バックアップはしっかりととりましょう。これが非常に大事なことだと思っています。

今回のOneDriveのサービスは今のところ、1年限定となっています。
1年後、うっかり忘れていてデータが消えていたなんてことにならないようにしないとダメです。私は、来年の期限をGoogle calendarNozbeにインプットしました。

一年間この容量をどう使用するか今から考えるのが楽しいです。

バッファロー
トランセンド・ジャパン

PC & Gadgetカテゴリの最新記事