ネックスピーカーって便利?「Ibesta-908」を買ってみました。

ネックスピーカー




アマゾンセールで見つけました。

以前から興味があった「ネックスピーカー」ってやつです。

当然、自宅専用として購入しました。

これ付けて外歩いてたら、音漏れするし、ちょっと可笑しい親父に見えますよね!

価格の割に使ってみたら、とても良い製品だったんです。ちょっと参考にしてくれると嬉しい。

ネックスピーカーを選んだ理由!

ずっと、自宅用のイヤフォンを探していました。通勤中や外出中はいつもインナーイヤフォンを使っています。

「Anker ワイヤレスイヤホンが故障した時のリセット方法」

インナーイヤフォンをずっと使っていて思うのが、長い時間使っていると耳がとても痛くなってくるんです。

耳を長く覆っていると耳がとても窮屈で、何となく耳が息苦しく感じます。息苦しい感じって表現が分かりますかね?耳が空気に当たっていない期間が長いとしんどくなるんです。

なので、自宅ではBluetoothで接続できるBluetoothスピーカーで音楽やPodcastを聴いていたのですが、もう少し臨場感のある音が近くで聴きたいと思ったので、ネックスピーカーってやつ買ってみました。

想像したより重くないし、耳元近くで音が聞こえるのは映画を見ていても迫力があります。

外の音もよく聞こえるので、使っている時に家族から声をかけられても大丈夫、一石二鳥の製品です。

ちなみに、骨伝導タイプのこんな製品にも興味がありました。

これも、Twitterで「とても良いですよ!」って教えてもらって、

色々と調べましたが、これも少しだけ耳に当たるんですよね!それがストレス溜まりそうで嫌だったので、今回はネックスピーカーを買うことにしてみました。

ただ、ちょっと骨伝導ってのには興味あるんで、また浮気するかも知れないけど!

ネックスピーカー「Ibesta-908」購入!

アマゾンセールで3000円弱で販売していました。

昔、このBlogでも人気のあった「無印良品のネッククッション」みたいなスピーカーです。

画像説明の前に商品の仕様を説明します。

ネックスピーカー「Ibesta-908」仕様

仕様

  • 無線方式:Bluetooth ver.5
  • 無線距離:10mから15m(実測10m程度でした。)
  • 再生周波数:140Hz・18KHz
  • 連続再生時間:約12時間
  • 電源:内蔵バッテリー600mAH
  • 充電コネクタ:MicroUSB
  • 製品寸法:220/200/30mm
  • 重量:243g

説明書は日本語対応しています。安心サービスでサポートもしっかりしている感じです。

ちなみに、カラーはブラックとホワイト?グレー?かな、2色ありました。汚れが嫌だったので、ブラックを購入しました。

ネックスピーカー「Ibesta-908」商品紹介

製品一式です。本体、説明書、充電用MicroUSBとシンプルです。

背面形状と質感です。裏面は質感悪しです。ビニール感丸出しですが、あまり気になりません。

首の後ろ側に製品名?メーカ名が入っています。これを何て読むのか微妙!最初の文字が I なのか/なのか不明ですが、おそらく l だと思います。

右側面にUSB端子があります。この部分は蓋などはありません。剥き出し状態です。自宅専用なので、水に濡れることはほぼ無いと思うので気にはなりません。

右部分にあるスイッチ類です。真ん中が電源ONで上下が音量の調整スイッチです。最初に電源を4秒程度押すと、端末のBluetoothに接続されます。一度、接続した端末を記憶するようですが、最後に接続した機器しか記憶しません。数台接続したい人は、その度に接続するしか無いですね!価格面から仕方なしでしょう。

ちなみに、右写真にある赤ランプが充電中です。充電完了すると消えます。使用時は青ランプが点滅します。電源が無くなってくると、点滅の速度が早くなるようです。

ちょっと写真ボケてますが、USBを接続するところが少し歪んでる?真っ直ぐでは無いです。なので、USBを接続する時はちょっと注意しながらになります。

この辺は安かろう製品ですね!品質悪いです。充電できないワケでは無いので、このまま使うことにしました。

側面部分と首に当たる部分が少し仕様が異なります。首に当たる部分は裏面と同じ仕様です。

使っている時に見えない部分を少しコスト落とした感じです。

243gと軽いですが、首部分と横の部分ではスピーカなどの配置により重量バランスが異なります。なので、移動する時はこんな感じで持ち運びます。

ちなみに、こんな感じで端っこを持ってあるくと結構バランスが悪くて、首部分に不要な力が入りそう。

この部分が少し壊れそうで怖いので、移動するときは注意が必要です。

ネックスピーカー「Ibesta-908」を使ってみた。

早速、iPhoneで使ってみました。Bluetooth接続は簡単に接続終了です。電源ボタン長押しでiPhoneにネックスピーカーが表示されます。接続状況は良好です。

音質ですが、やはり3000円弱の商品です。しかし、それを理解して購入したので特に問題ないです。ただ耳元でしっかりと音が入ってくるので意外と良いですよ。

Amazon Fire HD 8に接続して映画見ましたが、非常に良いです。これを望んでいたので音質気にしない方には良いと思います。

欠点は、周りにも音が聞こえることですね!それは仕方ないと判断すれば良いと思います。一番のお気に入りは、耳元で音が聞こえるのが非常に嬉しいです。音質とは別に音量は大きめです。ちょっと注意が必要かも。

説明書を見ていると電話も可能でした。

例えば、iPhoneで使っている時は、電話がなるとスピーカーから「ブーブー」と音がなります。

電源ボタンを一回押すと電話に出ることができます。電源ボタンを再度押すと、電話が切れるように設定されているようです。

iPhoneで使うことをあまり考えていないので、電話として使うことはほとんどないと思いますが、使う人には便利なのかも知れません。

ネックスピーカー「Ibesta-908」使ってみた感想

この手の商品は、数年前は1万円程度していましたが、流石に中華製であることから最近は3000円弱の製品をよく見かけます。

安かろう悪かろうと思っていましたが、私的には耳を塞がないのが一番メリットのある商品です。

音質については、こだわる人はもっと高い製品を購入する方が良いと思います。

お子さんにも良いのでは無いでしょうか!

イヤフォンを長くすると耳が痛くなる人は多くないと思います。また、難聴になったりすることもあるので、その対策には十分な商品だと思っています。

Amazonセールで手にした商品ではまあまあの合格点の商品でした。

参考になったら、こちらからご購入してください。



BlogRankingに登録しました。

ネックスピーカー
Todo and Blogテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください