MemoPad 7 購入

MemoPad 7 購入
この記事の所要時間: 735

tablet2

購入記録

MemoPad 7購入しました。購入検討してすぐに買いに走りました。やはり、私自身がタブレット欲しかったんですね!たまたま、仕事が昼から半休だったので帰りに池袋へ行きました。

大規模店舗2店を確認し、店員さんが親切に対応してくれたお店で購入しました。税込で17,604円でした。(10%ポイント付き)店員さん曰く、1週間前はこの価格より1,000円ほど安かったようです。価格が安すぎるとメーカからの苦情で各店舗値段の調整が入ったようです。

いずれにせよ、iPadと比較するとお値段は半額以下になります。もちろん、スペックはそれなりですが、使用用途により十分と判断しました。

MemoPad7の仕様

私が購入したMemoPad 7 ME176の主な仕様です。

・CPU: インテル® Atom™ プロセッサー Z3745 動作周波数:1.33GHz (最大1.86GHz)
・OS: Android 4.4.2
・ディスプレイ: 7インチワイド TFTカラータッチスクリーンIPS液晶 (LEDバックライト)
・解像度:1,280×800 ドット (WXGA)
・グラフィック: インテル HD グラフィックス (CPU内蔵)
・メモリー: 1GB (LPDDR3)
・記憶装置: eMMC:16GB
・インカメラ: 200万画素Webカメラ内蔵
・アウトカメラ: 500万画素Webカメラ内蔵
・サウンド: ステレオスピーカー内蔵
・マイク: アナログマイク内蔵
・サイズ: 幅189.3mm×奥行き113.7mm×高さ9.6mm
・バッテリー駆動時間: 約9時間
・バッテリー充電時間: 約4.25時間
・バッテリー容量: 3910mAh
・重量: 約295g
・無線LAN機能: IEEE802.11b/g/n
・Bluetooth機能: Bluetooth 4.0
・インターフェース: USBポート:microUSB×1
・カードリーダー: microSDXC・microSDHC・microSDメモリーカード
・オーディオ: マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1×1
・センサ: GPS(GLONASSサポート)、電子コンパス、加速度センサ、磁気センサ

本体詳細部

ここからは本体の詳細部分を見ていきたいと思います。画像枚数が多いですが、飽きないで下さい。

・外箱からです。
今回購入したタブレットは、本体をWhiteを選択しました。箱は、安っぽい感じがします。上蓋と下側では特にそれを感じました。

0014

蓋を開けたところです。この辺は、最近のメーカはAPPLE製品を真似ている感じがします。

0024

中にはいっている付属品と説明書一式です。まったく余計なものが入ってないですね!これで十分と思います。

0032

裏面です。「ASUS」の文字が綺麗です。

0043

電源を入れてみました。intelが入っていますね!

0053

「ようこそ」の文字が出てきました。APPLEとそっくりです。

0062

ASUSのアカウントを作成することができます。これを作ることにより、クラウドに5GBの容量が確保できます。ありがたいです。何かと使えるでしょうがクラウドは沢山所有していますがあまり上手く使っていないのが現状です。今後、改善していきます。

0072

箱から出しました。画面が思ったより綺麗ですね!

0081

200万画素の前面カメラです。本体の右上にあります。自撮りするときは、少し斜めになるのかな?Cameraの位置は中央の方が良さそうな感じがします。

0091

500万画素の背面カメラです。こちらは、中央に配置されています。

010

上側部分です。左からマイク端子、USB接続端子、イヤフォン端子です。他の人のブログを拝見しているとUSB端子部分にコードをさすと外れづらいと報告がありますが、私の場合問題なく抜き差し可能でした。

011

右側面です。上側が音量調整ボタンです。上がプラス、下がマイナスです。下側に少し離れて設置しているのが電源ボタンです。使用して思ったのですが、電源ボタンを押したつもりですが音量ボタンを押してしまいます。まだ、このサイズになれていないのでしょうか

012

下の裏側にスピーカーがありました。一応、ステレオです。カバーをするので、音はこもるかも知れませんがあまり、音にこだわりがないのでその辺は、大丈夫と思います。

013

左側面にマイクロSDカード等をさせる部分があります。本体が16GBなので、これは大変便利です。APPLE製品にありえない考えでしょうが、android製品はこれが良いところでしょう。使う側にとっても非常にありがたい。

014

挿入完了です。「カチッ」と音がなるとOKです。落ちることはありません。大丈夫です。

015

今回、購入したmicroSDHCカードです。32GBを購入しました。お値段は非常に安く、秋葉原で1,350円でした。

016

他のタブレットと大きさを比較してみました。お気に入りのKindlePeperWhiteです。幅は、MemoPad 7の方が小さいですが、長さは圧倒的に大きいです。

017

厚さはそう感じません。重さはかなり異なります。

018

違う角度が見ても、厚さはあまり変わりませんね!

019

iPhone5との比較です。当たり前ですが、ぜんぜん違います。2台並べてみると色合いが良い感じです。子供とお父さんって感じでしょうか、前面カメラの位置が違いますね!やはり、自撮りの場合は中央の方が便利に思います。

020

iPhone5との厚さ比較です。少しだけですが、MemoPad 7が厚いです。

021

角度を変えてみました、わかるでしょうか?

022

3台横に並べてみました。大きさの差が良くわかります。

023

カバーも購入しました。今回は、緑のカバーです。SP-MART(オリジナル)ASUS MeMoPad 7ケースです。白に会うとおもいましたが、カバーで白が目立たなくなりました。

024

カバーにはスタイラスペンをさす場所がついています。

025

カバー裏面です。カメラ部分とスピーカ部分にはしっかりと穴が開いています。音がこもることがなく、綺麗に聞こえます。

026

蓋は、磁気タイプなので、閉めると電源が切れるようになっています。思ったより便利でした。ただし、白い部分が目立たず白を買った意味がなくなってしまいました。

027

音量、電源部分も使い勝手良く出来ていました。

028

当然、上部のイヤフォン部分等も完璧です。

029

こんなスタイルでも使用可能です。おそらく、こんな使い方はしないと思いますが

030

おわりに

やっと、念願のタブレットを購入しました。iPad3rdとの比較も今後はする計画です。購入してすぐの使用感ですが、一日じっくりと使用しましたがandroidも楽しいですね!

今まで、iOSしか使ったことがなかったので少し不安でしたが価格の割によく出来た端末と思います。iPhone5もiPhone6やiPhone6プラスが出ていますが、あまり興味がわかなかったので携帯もandroidに変えてみようかと思いました。やはり、特に良い所がマイクロSDカードを使用できる点でしょう。仕事用のPDFファイルや音楽データを沢山入れました。後は、大きさですね!

今までiPad3rdを使用していたのでこの大きさは扱うのにベストサイズです。普通に鞄に入れていても何ら不自由はありません。KindlePeperWhiteとの2台持ち状態です。

楽しい、タブレット生活が迎えらそうです。

MemoPad7 購入検討

MemoPad 7 カバー欠点

MemoPad 7 Flickr設定

MemoPad 7 マニュアル

 


ASUS ME176 MeMO Pad 7 タブレットPC ホワイト ( Android 4.4.2 / 7 inch / Atom Z3745 / 1GB / eMMC 16G / WIFI対応 ) ME176-WH16


A-DATA Technology microSDHCメモリーカード 32GB AUSDH32GCL10-RA1


SP-MART(オリジナル)ASUS MeMO Pad HD7 ケース エイスース 全10色 ME173 専用ケース + タッチペン(色柄選択不可)付き タブレットケース MeMO Pad HD7 ME173 case PU Lerther スタンド機能付 PUレザー カバー フェイクレザーケース タッチペン挿し機能付き 手帳型 オリジナル商品esd3006_95 (green)

PC & Gadgetカテゴリの最新記事