有線イヤフォン「Parasom Sports Headphones」を購入しました。

この記事の所要時間: 418

Bluetoothのイヤフォンはとても便利なのですが、充電するのを忘れていると、まったく使えなくなり、宝の持ち腐れ状態になります。

たえず、充電することを忘れないように、出勤時は充電しているのですが、連休などが続いた時は、やはり充電不足で、通勤途中で電源が切れることがあります。

心地よく音楽やポッドキャストを聞いている時に、電源が切れると本当に情けなくなります。

そんな時用に、Apple純正のイヤフォンをいつも通勤カバンに入れているのですが、インナータイプに慣れてくると、どうしても純正だと音漏れがあったり、聞こえにくい点が多くなってきました。

そんなことが最近よくあったので、先日のアマゾンプライムデーの時に、有線タイプのヘッドフォンを購入していたので、ご紹介します。

前回購入した「Q12 Sound PEATS Bluetooth イヤホン」

AmazonのBluetoothヘッドフォンでベストセラー1位の賞品 「SoundPEATS(サウンドピーツ) Q12 Blu...
スポンサーリンク2

Parasom Headphone

in-ear wired sports headphonesと説明があるので、ランニングなどのスポーツをする時でも使えそうなイヤフォンです。

フルメタルイアヤフォンとなっています。

外箱から見ても、日本語の説明はいっさいありません。

この手の商品は既に日本語の説明がなくても大丈夫ですが、少しでも日本語があれば安心感があるので、メーカさんお願いします。

内容物はこんな感じです。

イヤーピースから収納袋まで、この辺りはいつも通りです。

外側のデザインです。質感は有りでなかなかかっこいいです。

内側(耳に当たる側)です。当たり障りないデザインです。

この部分は説明書によると、マイクとファンクションキーとなっています。

あまり使うことはありませんが、電話が鳴った時はマイクは便利だと思います。

イヤーピース関係です。大中小と3パターンが入っています。

写真は片方だけ撮っていますが、ペアで入っています。

私は、耳穴が小さいのか、いつも小でフィットします。

外国の方はやはり大が合うのでしょうか

耳の外側に掛けるタイプもありました。

説明書によると、使い方はこんな感じです。

使う人の好みで、使い分けが出来ます。

Apple純正と比較するとこんな感じです。

正面から見ると大きさに差はありません。

横から見るとこんなにも大きさが違います。かなり出っ張りますね!

最近はこのパターンが多いのでしょうか?

端部が磁石でひっつきます。これって、使っていない時に首に巻くのですが、とても便利だと思います。私が使っているBluetoothタイプも同じですね!

プラグ部分はゴールドです。

iPhone7を使っているので、このコネクタが必要になります。

いつみても、デザイン悪しです。

使った感想

インナータイプなのでさすがに音がしっかりと耳に入ってきます。

先日購入したBluetoothタイプより音質は良いかもしれません。

AmazonのBluetoothヘッドフォンでベストセラー1位の賞品 「SoundPEATS(サウンドピーツ) Q12 Blu...

当たり前ですが、何より電源の心配がないのが便利です。

Bluetoothタイプの良いところはケーブルが無くて、邪魔にならない点ですが、有線タイプの良いところは、電源の心配が無いことですね!

両方を満足できる製品って出ないかな?

物理的に無理か?


Parasom(パラソム) カナル型 イヤホン 【1年保証付】 高音質 外部ノイズ遮断 耳栓型イヤホン 高遮音性 フィット感いい 有線タイプ ヘッドフォン スタイリッシュマグネット内装 スポーツ仕様 R2 ブラック


Bluetoothヘッドフォン、rapidtronicランナーヘッドセットスポーツマイク付きイヤホンと磁気Sweatproof – ワイヤレスイヤホンfor Running、ブラック