折畳プラグ搭載のモバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion 5000」購入!

スポンサーリンク




折畳プラグが搭載された、「Anker PowerCore Fusion 5000」を購入しました。使って見ましたが、とても便利です。

今までもこのアイデアはあったと思うのですが、デザインも良くて満足しています。

History

iPhone6Plusを使っていた時は、バッテリー残量について考えたことも無かったのですが、iPhone7に機種変更してから、出張で一日外出していると、バッテリー残量がとても気になります。

iPhone7は記憶容量は128GBあるので、出張時にはAmazonTVでビデオをたくさんダウンロードしていきます。行き帰りの電車内でビデオを見ているうちに、バッテリーが厳しくなることが多く、心細くなってきます。

そんな使い方をしているので、以前に子供からもらったモバイルバッテリーを持ち歩いてはいるのですが、このモバイルバッテリーが最近、へたってきて使いものになりません。

また、充電するのにケーブルとプラグが必要で、小さいですが出張用の荷物が多くなるのがとても嫌でした。

そんな時に見かけたのが、今回購入したモバイルバッテリー

これ充電する時にとても便利です。

比較した商品

今時、モバイルバッテリーで5000mAhだと、iPhone7で2回充電だけなので、思ったより容量は少ないと思います。

同じAnkerでも「Anker PowerCore 10000」なら10,000mAhあるので、iPhone7で4回も充電ができます。4回必要かと思うけど(笑)

しかも、価格は安くて本体の大きさを比較するとこんな感じです。

項  目 Anker PowerCore 10000 Anker PowerCore Fusion 5000
サイズ 92x60x22mm 72 x 70 x 31mm
重  さ 180g 189g
価  格  2,399円(2017/08/15)  2,599円(2017/08/15)

大きさは、そんなに変わらないのに、充電能力は2倍です。

充電だけを考えると断然、「Anker PowerCore 10000」がお得

しかし、こちらは充電する時にケーブルとコンセントが必要となります。

重さは別として、3アイテムを持って移動する必要があります。

これって、けっこう面倒です。

ケーブルだけ忘れたりすることも多いし!

一方、私が購入した「Anker PowerCore Fusion 5000」はコンセントが本体に付属されているので、ケーブルが不要です。

これ1台持ち歩くだけで、持ち物が少なくなります。

普段、会社への往復や、国内で1日程度の出張なら、持ち物の数が少ない方が断然メリットありです。

充電も1回でOKだと思います。

この製品を購入した理由はここにあった訳です。

では、じっくりと製品のご紹介です。

Anker PowerCore Fusion 5000のご紹介!

さて、やっと商品のご紹介です。

いつも通り、Amazonで購入!価格は、2,599円です。

参考に、宅配は郵便でした。

最近のAmazonさん、ヤマト運輸率非常に小さくなって来ました。

まずは外箱から

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”]

白と水色のセンスがとてもいい感じです。綺麗なデザイン

[/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”]

蓋を開けるところに、「Thanks for choosing Anker」の文字があります。どこのメーカもAppleに見習って、いきな演出しますね!

[/wc_column] [/wc_row] [wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”] [/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”]

本体とアクセサリーが入っています。

[/wc_column] [/wc_row]

内容物一式です。

本体、ケーブル、説明書、収納袋が入っていました。

本体です。USBポートが2つあって、マイクロUSBポートが1つあります。

本体を充電しながらUSBからiPhoneを同時充電も可能です。

コンセント部分が本体に付属されています。コンセントの先が少しだけ本体から出っ張っている点はデザイン的にも少しマイナス要素ですね!

コンセントを出すとこんな感じです。

ANKERの文字の横に小さな○がありますが、ここで充電容量を確認できるようです。

iPhone7と並べるとこんな感じになります。面積的にはiPhoneの半分程度だと思います。

一方、厚みはかなりあります。iPhoneと比較すると一目瞭然です。ちょっと重量感あり過ぎですね。もう少し薄い方が良いのですが、USBポートとの配置でこの厚さが必要なのでしょうか?ここはマイナス点です。

こんな感じでiPhone7やモバイル機器と充電します。青ランプが残量を示しています。

本体を充電する時はこんな感じです。コンセントに直接させるのでとても便利です。この便利さを私は望んでいました。

思うこと

購入後、便利に使っています。やはり持ち物が多少でも少なくなるのは本当に便利です。

ただ、厚みだけはやっぱり気になります。かなりの重量感があるので、その辺が女性には受け入れられないかも知れません。

あとは、使ってみてどの程度までバッテリーが実際にもつのか

ここを今後は検証していきたいと思っています。

購入当時は、ブラックしかなかったのですが、購入後にホワイトバージョンが出たようです。

ホワイトバージョンだとiPadの充電器のようで、とても綺麗でした。ホワイトだと女性にも人気出るかも知れません。

少しだけホワイトが羨ましい。


Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PowerIQ搭載 / 折畳式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応(ブラック)

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 *2017年7月時点 A1263011

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

camera、mac、gadget大好きなおじさんです。何でもひとつのフォルダーにまとめることで、無くさない精神を保っています。「ひとまとめ」はそんな気持ちでBlogタイトルにしました。