黒いAirPods?「Soundcore Liberty Air」を購入してみた。(保証が凄い!)




AirPodsのようなデザインでコスパが良いBluetoothイヤフォンが欲しい。

そんな時に見つけた黒いAirPods?

AirPodsの1/3から1/4価格で購入することが出来ます。

Ankerの「Soundcore Liberty Air」で価格から使用面までを解説

音に拘らないなら、これで十分な機能、通勤通学時のアイテムに最適でした。

購入した経緯

「耳からうどん」なんて製品発表時は相当デザイン力が怪しまれたAirPodsですが、流石にApple製品です。ここ数年で定着して、電車内でもよく見かけます。

今では、何故かオシャレに見えてくる「AirPods

つい先日も充電機能が一新され、デザインはそのままで新型が発売されましたね。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥19,213 (2019/08/20 08:44:27時点 Amazon調べ-詳細)

売れ行きも順調のようで、このデザインは正解だったのでしょうか

Apple製品はデザインを変更しないところが売りなのでその分、開発時にはデザインに力を入れている結果だと思います。

以前のBlogでも書きましたが、通勤用のBluetoothイヤフォンは、ずっと「ERLイヤフォン」を使っていました。

何かとトラブルも有りがなら約1年使っていたのですが、ある日酔っ払って電車に乗っていた時に、片方だけ電車内で落としてしまいました。

それからも、片方だけで聞いていたのですが、我慢できずAmazonを物色していた時にセール価格の「Soundcore Liberty Air」を見つけました。

「Soundcore Liberty Air」開封

いつもながらAmazonで購入しました。

たまたまセールだったので通常価格よりも、25%安く購入できました。とてもラッキーです。

パッケージングからオシャレ

外箱の質感が良い感じです。水色がとても綺麗です。パッケージングが綺麗だと何となく嬉しい。

蓋を開けるとこんな感じで商品が収まっています。

入っている物

本体、ケーブル、説明書そしてイヤーピースが入っています。説明書はしっかりと日本語もありますので、設定時に迷うことはありません。

ケースと本体

ケースの表側?って言えば良いでしょうか

とてもコンパクトで手に収まる感じです。

蓋を開けると、本体が入っています。少し写真が暗めだったので見えにくいですね!撮影に失敗しました。

これが、本体です。

本当に黒の「Air Pods」ですね!

長辺と言えば良いのでしょうか?長さも同じ感じです。

違うのは、耳に挿入する部分がインナータイプになっていることでした。


 

「Soundcore Liberty Air」の使い方

使い方はいたって簡単ですが、音楽を聞く時と電話をする時と少し違うので、簡単に説明しますね!

音楽を聞く時

  • 右側のイヤホンの多機能タッチパッドを2回タップすると「再生及び一時停止」が出来ます。
  • 右側のイヤホンの多機能タッチパッドを2秒間長押しすると「曲送り」が出来ます。
  • 左側のイヤホンの多機能タッチパッドを2秒間長押しすると「曲戻り」が出来ます。

残念ながら音量の調整は、イヤホンからは無理で端末からの操作になります。

電話をする時

  • 右側のイヤホンの多機能タッチパッドを2回タップすると「電話に出ることと切る」ことが出来ます。
  • 右側のイヤホンの多機能タッチパッドを2秒間長押しすると「着信拒否」が出来ます。

他にも保留操作やキャッチのとり方等もありました。

Siriも使えます

  • 左側のイヤホンの多機能タッチパッドを2回タップするとSiriを呼び出すことが出来ます。

思ったより便利な機能があって驚きました。

タップと長押しを間違いやすいので最初は戸惑うばかりです。

慣れるまでに少し時間が必要です。

「Soundcore Liberty Air」の短所

音がクリアではない。

もう少し良い音を期待していましたが、普通のイヤフォンでした。

特に低音が響かない感じです。音には、人それぞれ好みが違うので私なりの私感です。

私は主に通勤時のPodCastを聞くのでこの音質でも十分耐えることが出来ます。

充電終了時でも充電ランプは点いたまま

自宅では本体をケースに入れたまま充電するのですが、充電中はケース外にある3つの内1つずつが点滅します。

充電が終わったら点灯に変わります。

ただ、点灯したままで終了となっていて、次の日の朝に見たときも点灯したままです。

過充電はしていないと思いますが、満充電後は点灯がOFFになってくれるとありがたい。

片耳だけでは使えないかも

車の運転中に片方だけケースに入れると、その時点で電源がOFFになります。

なので、片耳だけで聞くことは出来ない感じがします。

ただし、片方を外した状態で聞くことは可能です。しかし、外した片方を無くす危険性があるので、要注意です。

もしかしたら、解除方法があるかも知れないので、わかったら追記しますね。

誰が見てもAirPodsの偽物と見られる。

外見で見ると誰が見てもAirPodsの偽物に見えます。ただ色が黒なだけです。

その分、AirPodsの紛い品と見られても仕方ないです。

「Soundcore Liberty Air」の長所

落ちにくい

耳の形状にもよりますが、私の場合AirPodsのような形状だと耳から良く外れます。

それに対して、インナータイプのLiberty Airの場合は、耳から落ちることが殆どありません。

先日、着けたままランニングしましたが、全然問題ありません。ベストフィットです。

電源ONがスムーズ

最初にBluetooth接続が完了すると、ケースから取り出したときの電源ON、OFFがとてもスムーズです。流石に、Bluetooth5.0ですね!

これとても便利です。ストレスフリーです。

質感が良い。

ケースも本体も質感が良いです。1万以下の金額のわりにしっかりとしています。

かなり気に入りました。

充電機能

「Soundcore Liberty Air」の仕様ではケースを使った場合、最大時間は20時間となっています。(単体では5時間)

実際に1周間使った感じは下のような状況でした。

条件(通勤時間の往復)

片道ドア・ツー・ドアで1時間(往復2時間)の使い方。

月曜日から金曜日まで通勤で使いました。

バッテリーの減り状況は、ケースの充電ランプが3つありますが

1週間使って2個残っています。

説明書によると、2個残量があるのは30%~70%だそうです。

1週間使って、電源ランプが1つ減ると言うことは、推定ですが3週間は持ちそうです。

思うこと

有線イヤフォンを使っていて、Bluetoothイヤフォンに変えた時に一番思ったのは、ケーブルがないことがこれほどストレスフリーなのかという事でした。

音質的には有線が確実に良いと思いますが、ケーブルが邪魔をしない点は本当に最高です。

それなのに、最近はBluetoothイヤフォンでも音質に拘るようになってきました。「AirPods」と比較するとまだまだ発展途上の製品ですが、価格面は1/3~1/4です。通勤等で使うにはコスパ最高ではないかと思っています。

結果的に「Soundcore Liberty Air」の音質は良いものとは言えませんが、それ以上に質感には満足しています。

今後バッテリーの減り状況や、Bluetoothの通信状況などに変化があるか検証したいと思います。

では

追記(サプライズがありました!)

後日、Amazon経由でアンカーさんからメールが届きました。

メール内容によると

この製品「18か月のサポート」が付いていました。

18か月ですよ!

凄いですね!

実際にバッテリーが消耗されたら対象になるかは否かですが、確認してみるのも良いと思います。

この保証を見て、次もアンカー製品を買おうと思いました。

ぜひ、お薦めです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥19,213 (2019/08/20 08:44:27時点 Amazon調べ-詳細)



Todo and Blogテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください