ツーリングの冬対策にワークマンで360°極寒最強イージス購入!




11月になると、一気に気温も下がり気味になります。

特に、バイクに乗るとその寒さは半端ではないです。

今シーズンからリターンライダーになっただけに、冬対策は皆無な状況!

そこで、冬用の皮ジャンを購入予定だったのですが、本革となると目が飛び出る程の価格に驚き素直に断念

それでもバイクには乗りたいので、バイカーに人気のワークマンで冬対策しました。

イージス360°リフレクト透湿防水防寒ジャケット

素直に、完璧な冬対策ジャケットです。

ワークマンから毎年発売されているイージスシリーズの2019年バージョン

360°極寒最強と言うだけあって、凄くいいです。

耐水圧10,000mm 透湿度8,000g/m2/24h

数字でどれだけの人がわかるのか不明ですが、まあ凄いかも!

価格が5,800円(税込)今時、税込みでこの価格

まあ安いですね!

バイク用の皮ジャンがこの価格の10倍はするので、性能は別で価格だけで比べると驚くしかない。

購入したのはLサイズです。

身長177cm体重67kgの私でちょうど良いサイズでした。

中に、トレーナーを一枚着れる余裕はあります。

イージス360°リフレクト透湿防水防寒ジャケットお勧めポイント

  • 360°フェイスガード
  • 前後2ヵ所に収納してあるフェイスガードを装着することで防寒性が向上
  • 衿裏は肌触りの良いフリース
  • 取り外し可能フード
  • 背中はストレッチ素材
  • アジャスター機能
  • 左胸止水ファスナーポケット
  • 収納力抜群の大型インナーポケット
  • 絞り調整可能な面ファスナータイプ
  • 二重袖
  • リストガード
  • スピンドル
  • 背中が出にくいサイクルカット
  • 背中の腰部分に大きな反射プリント
  • 防水

15点のお勧めポイントがあります。

中でもお気に入りが止水ファスナーポケットですかね、これとても良いです。

スマフォやお財布を入れておくのにとても便利でした。

あと、水が入らないのでデジカメも入れておくと便利です。

逆にフードは走っていると邪魔になるので取り外しました。

この方が見た目も良い感じです。



バイク乗りの留意点

これは、あくまでも防寒ジャケットなので、バイクに乗る時は安全対策でジャケットの下にプロテクターをつけないと乗っていて怖いです。

プロテクターにもよりますが、大きめのプロテクターを付けることを考えると、1サイズ大きめでも良かったかも知れません。

この辺は一度羽織ってから考えた方が良いでしょう!

ただし!この「イージス360°リフレクト透湿防水防寒ジャケット」かなりの人気商品なので、早めに購入しないと無くなる可能性が大です。

5,800円なので、興味ある方は早目の購入をお勧めします。

イージスを着てバイクで走った感想

イージス360°リフレクト透湿防水防寒ジャケット」を着て、3連休に2日ほど走ってきました。

行き先は、三重県の青山高原からNHKの「スカーレット」の撮影現場の信楽方面です。

お昼は気温17℃でしたが夕方は14℃とかなり肌寒い一日でしたが、このジャケットおかげで、寒さ対策は完ぺきでした。

高野山にも出かけましたが、高野山頂はかなり冷え込んでいましたが、このジャケットで十分耐えることが出来ました。

流石、ワークマン商品です。

途中で同じ「イージス360°リフレクト透湿防水防寒ジャケット」の赤を着ている人に出会いました。お互い感じたので軽く会釈で挨拶です。(笑)

ワークマン重宝します。

作業服専門店で始まったワークマンですが、最近はバイカーにとても人気です。

お店内で物色しているとバイク用のグローブも販売されていました。

あと、インナーも沢山あって、欲しいものだらけでした。

熱線入りのベストもありましたが、残念ながら合うサイズの在庫がありませんでした。

また、入荷するそうなので次は熱線入りのベストを購入するかもです。

UNIQLOも良いのですが、安くて丈夫なワークマンもとても良いですよ。



Todo and Blogテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください