Xiaomi「MiBand4」グローバル版を購入してみた。

「Xiaomi MiBand4」レビュー!




昨年末に「Apple Watch5」でも衝動買いしようと思っていたのですが、未だに毎日充電する腕時計が面倒だと思って買うのをためらっていました。

そんな時、「MiBand4」が「Banggood」でクーポン割引付きで販売していたので、お試し感覚で購入して見ました。

Apple Watch5」とは価格も品質も全てが異なる商品ですが、これはこれで有りだと感じたことをレビューします。

「MiBand 4」仕様

MiBand4」の仕様は下表のようになっています。

待機時間非常に長いのがお気に入りです。

「MiBand4」の購入価格など

購入したのは、「Banggood」 あまり評判は良くないかも知れません!

ただ、前回紹介した「Wish」と比較するとかなりましかも(笑)

信頼度0%「Wish」で買い物して分かったこと

2019-12-16

実際に購入したのは「MiBand4」のグローバル版です。

China版を買っても意味ないしね!

購入価格3,249円(送料込み)でした。とても安いです。

購入当時はまだ日本での正規販売はされていませんでした。(現在はAmazonで販売されています。)

「MiBand 4」で出来ること

出来ることが多種では無いけど、このお値段でこの程度の事なら簡単に出来てしまいますw

とってもお得です。

  • 時計機能

日時、アラーム、タイマー機能等

  • ディスプレイの変更

約60種類のディスプレイ表示を変更したり、自分の好みの画像を使うことも可能。

  • 万歩計

目標の歩数を入力して達成すると教えてくれます。

  • 心拍数の計測

ワンクリックで心拍数を計測することが出来ます。

  • 通知設定

電話の着信、SNS等のアプリの通知設定が可能

  • 座りすぎ注意

座ったままでいると、少し動くようにとメッセージが届く健康的な機能

  • 睡眠時間を計測してくれます。

深い眠り浅い眠り等、何時間寝たか計測してくれます。

  • リマインダー設定

用事のお知らせ通知です。

  • 音楽コントロール

スマフォの音楽を操作することが出来ます。(早送り、次の曲等)

  • 天気予報

今いる地点の天気予報が表示されます。

  • スマフォを探す

MiBand 4」から音を鳴らしてスマフォを探すことが出来ます。その逆にスマフォから「MiBand 4」を探すこともできます。

「MinBand 4」で出来ないこと

  • 電話

電話の通知はありますが、電話に出ることは出来ません。

  • 通知の返信

通知も確認は出来ますが、文字を打つことが出来ないので返信は出来ません。

  • その他

また気づいたら書き込みます。

「MinBand 4」の外観

簡易包装で送られてきました

「Banggood」で中国から送られてた来た状態、本当に簡易包装で驚きです。注文後1週間程度で日本まで届きました。意外と早いと思ったのと、送料が安いと感じました。

プチプチが入っていたので、中身は大丈夫(箱に傷はありませんでした。)

少しだけ左下が欠けてる?(笑)

パッケージングはとても綺麗です。本当に3,000円程度の商品とは思われません。

パッケージ同封物

パッケージング内に入っていた物はこんな感じです。

本体、説明書、充電用アダプターの3点

とてもシンプルです。

グローバル版だったので、説明書に日本語があるかと期待したのですが、日本語での説明文はありませんでした。

まあ、充電して使うだけだし、ググってしまえば使い方なんていくらでも出てくるので、この辺りは気にもしませんでした。

本体と腕に付けた感じ

MiBand4」から液晶がカラーになりました。それまではモノクロだったそうです。このサイズでも十分文字が見えます。

腕につけるとこんな感じです。

私は男のわりに腕が細いので女性の方にも参考になるかも

「MinBand 4」でまだまだ機能がわからないこと

  • アラームが鳴り続ける時間を変更する方法

毎朝アラームを鳴らしているのですが、約3秒ほどで切れます。もう少し長めに設定したいのですが、その方法が今のところわかりません。

  • 画面表示時間を変更する方法

SNS等の通知を受信するように設定しているのですが、その表示が約3秒ほどで消えます。もう少し長い時間のほうが確認しやすいと思っています。

「MinBand 4」を使って良かったこと、悪かったこと

とにかく軽い

めちゃくちゃ軽いので付けている感覚が無い。最初は付けていることに違和感がありましたが、今では慣れた感じで夜寝るときも気にならなくなりました。

画面変更が楽しい

デホルトで60種類以上の画面デザインがインストールされています。

デホルト仕様も楽しいですが、自分の愛犬画像にしても楽しいかも

充電を忘れそう

12/14に「MinBand 4」が到着して1/8まで使っていてバッテリー残量が15%

1/8から2/3まで付けていてバッテリー残量が29%

個人的にバッテリー残量が50%を切ると気になるので充電したけど、実際には1か月以上保ちそうな感じ。

ベルト交換が簡単で便利

当たり前ですが、ベルト交換することができます。

Amazonで「MiBand4ベルト」で検索すると沢山出てきます。これはとても楽しいです。

運動するにとても良い軽さ

私は趣味でテニスをしているのですが、今までは「G-Shock」を腕に付けてプレイしていましたが、「MiBand4」にしてからは付けているのを忘れるくらいです。

簡単「G-SHOCK」の電池交換

簡単 「G-Shock」バンド交換!

他にも、Workoutアプリがあるので、その時々で使っています。

特にWalkingで使っていて、距離や歩数等をしっかりと記録してくれます。

Bluetooth機能が優秀

Bluetoothの距離がとても優秀です。こんなに小さな端末なのにテニスでiPhoneとの距離が30mほどあっても電話の着信が確認出来ました。ちょっと信じられなかったけど、嬉しかったです。

ただ、受信しても電話に出ることが出来ないですけどね!

充電用アダプターのコードが切れそう。

充電用のアダプターが貧弱すぎてコードが切れそうでなりません。他に充電方法が無いので、このアダプターが無くなると充電できなくなります。

そのため、予備に充電アダプターを購入しようか迷うところです。

電子決済が出来ない。

これで電子マネーがあれば、もしかしたら無敵です。

PayPayくらい乗りそうな感じですが、少しだけ期待します。

「MiBand4」の設定画面など

MiBand4」はスマフォから操作します。iOSやAndroidでアプリをダウンロードして使えます。

最も右の写真にあるようにここで設定をする事が出来ます。

まだまだ機能がありますが、説明書を読まなくても大体は理解できる感じです。とても簡単でした。

真ん中の写真は歩数計の記録です。過去30日間の記録もあるので、見返すに楽しいです。

最も左が、日々確認している通知関係です。ここで、1日8000歩達成するとたても爽快な気分になれます。

「MiBand4」を使って思うこと

この製品もスマートウォッチのカテゴリーに入ると考える微妙です。

なぜ微妙なのか考えたら、要するに価格では無いかと思います。

代表的なスマートウォッチと言えば「AppleWatch」が代表格だと思います。

製品としての品質はもちろんのこと、出来ることも沢山あるし、宣伝効果も凄いし、何と言ってもApple製品と言うことが大きいのではと思います。

他にもAndroid勢のスマートウォッチも高価だとそう思うかもしれませんが、安価だと何となく、スマートウォッチと呼ぶにはどうかなと思っています。

結果的に、個人的には「MiBand4」は使い捨てカイロのような存在です。

それで十分かと思います。

贅沢言えば、電子決済が出来ればと思いますが、今の所これでOKです。

MiBand4 使用レポート

「MiBand4」4か月使っての感想!

2020-06-03



「Xiaomi MiBand4」レビュー!
Todo and Blogテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください