ビデオ変換ソフト「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」のレビュー

ビデオ変換ソフトレビュー




新たにソフトウェアのレビュー依頼がありました。

このようなソフト系のレビューこれで6回目です。

中国系のソフトウェア会社から良く依頼が届きます。

今回ご紹介するソフトは「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」主にビデオ変換ソフトです。

ビデオ変換って一昔前のような感じがするのですが、需要あるのかな?

同じようなソフトを過去にもレビューしました。

下記の2つのソフトとよく似ています。

参考に比較してみてください。

ビデオ変換ソフト「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」

ソフト概要

WonderFox HD Video Converter Factory Proはいくつかの機能を持つビデオ変換ソフトです。

ビデオの変換、エンコード、編集、ダウンロード、録画などができます。

WonderFox独自のビデオエンコード技術のおかげで、HD Video Converter Factory Proは他の変換ソフトに勝ち、より高い品質を持ちます。

何が出来る?

  • ビデオ変換

ビデオをAVI、MP4、MKVなど500種類以上の書式に変換することが可能

  • 編集

切り取り、マージ、特効など、最も簡単に編集作業が可能

  • ビデオダウンロード

Youtube、Facebook、Yahooなど300以上のサイトからビデオをダウンロードすることが可能

  • 録画

デスクトップ画面を録画することが可能、もちろん音声も出来るので、録画した後にYoutubeに投稿したり、ビデオを友人に送ったりすることが出来ます。

  • GIF製作

ビデオや連続写真をGIFに変換することが出来ます。

  • ツールボックス

昔懐かしい着メロを作ったり、映画の字幕だけダウンロードすることが出来ます。

ビデオ変換ソフト「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」インストール

さて、実際にインストールして使って見ました。ダウンロードからインストールまでの方法をご紹介!

最初にここにアクセスして、ソフトをダウンロードします。

無料版と購入版がありますが、まず最初は無料版でソフトの相性を試してみてください。

インストールはダウンロードしたソフトをダブルクリックします。

後は、普通のソフトのインストールと同じで質問事項に答えるだけでOKです。

一瞬でインストールは完了し、デスクトップにショートカットが作成されました。

「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」の起動

インストールしたソフトをダブルクリックで起動します。

最初こんな画面が出てきます。

私の場合、レビュー記事を書いてほしいとのことだったので、登録用のキーがありました。その番号を入れて、登録をクリックしました。無料の場合は不要だと思います。

登録番号を入れると次のような画面が表示されました。

日本で販売しようと思っている割には、日本語がメチャクチャです。

「終生許可」?多分ずっと使えるのでしょうね!

「家庭かばん」?家族誰でもOKで3台までかな?

金額もドル表示だし!

日本で販売する気があるのか否か良くわかりません。(笑)

日本企業ならこんな文字化けでHPに出すことは無いと思います。この辺が日本人には不快になって、ソフト自体の信用も無くなると思うので、しっかり修正してほしいです。

「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」を使ってみた!

インストールは無事に完了したのでの、一度使ってみることにしました。

予備知識なしで使って簡単か否かがこのソフトウェアが売れるかのキーです。

動画のダウンロード編

最も簡単であろうと思われる、動画のダウンロードを試してみました。

ソフトを立ち上げた画面はこんな感じで、デザイン的にも素晴らしいとは言えません。あっさりし過ぎと言うよりも、色合いが薄い感じですね!

左から二つ目にある「ダウンロード」をクリックします。

「新しいダウンロード」をクリックします。この辺りの表現とフォントももう少し変えたほうが良いですね!

リンクの貼り付け欄にダウンロードしたいURLを入力もしくはコピペします。

その後、分析をクリックします。

少し待つと分析結果が表示されました。お好みで動画書式、解像度を選択します。

画面が切れていますが、「ダウンロード」ボタンがあるので、それをクリックすると自動でダウンロードが開始されます。

ダウンロード時間
  • 解像度1920×1080 データ容量225.65MB ビデオ時間11分35秒

上記条件で約1分でダウンロード完了

  • 解像度854×480 データ容量78.17MB ビデオ時間15分12秒

上記条件で約20秒でダウンロード完了

ダウンロード時間はお使いの回線でかなり異なると思われます。我家はMax300MB契約なので、遅いほうだと思われます。

個人的には1分間待つ事なんて何とも思わないので早いと感じました。

ダウンロードしたデータは当然、画像データは十分に綺麗だし、FireHD8に転送して楽しめました。

データ変換編

ソフトを使っていて少しづつ楽しくなってきたので、次はデータ変換を試みました。

先程立ち上げた画面の一番左の「変換」をクリックします。

「ファイル添付」とあるので、変換したいファイルを選択します。

何年か前にオーストラリアに行った時のビデオです。左上が現在の状況で右が出力するときの条件を表示しています。

最も、右に「出力フォーマットを選択」とありますが、ここでMP4やMOV等の画像変換を選択できます。しかも少しだけ凝っていて、ここをクリックすると下のような画像一覧が出てきます。

変換したい動画をクリックすると、このソフトが変換できる種類が出てきます。ほかにも「デバイスで選択」をクリックすると次のような画面に切り替わります。

デバイスを選択するだけで、出力に適合したフォーマットを自動で選択してくれました。もちろん、自動ではなくユーザー個人の選択でもOKです。

私はiPhone7を使っているので選択して、「変換」ボタンをクリックしました。

ちょっと見えにくいかもしれませんが、中段にある場所のデータ容量がかなり小さくなっています。

データ容量
  • 約41MBが19MBで変換されました。

データ容量が約50%に小さくなりました。これってかなり効果大です。

画像データ容量が小さくなりましたが、iPhoneで見る限りは全然画像は悪くありません。元データと変わりなく綺麗な動画データでした。

変換時間を記録していませんでしたが、あまり待った記憶がありません。

なかなか良くできたソフトだと思いました。

録画編

デスクトップの作業等を録画できるシステムです。

人に画面操作を教えたり、Youtubeで操作方法などを解説する時によく出てくるシーンですね!私はほとんど使いませんが、人に教える方は便利かも知れません。

ソフトを立ち上げて真ん中にある「録画」をクリックします。

左上に

  • ウィンドウモード
  • 全画面

が選択できます。

文字通り全画面を録画する方法と、デスクトップの一部だけ録画することが出来ます。

どちらかをクリックして、あとは右にある「REC」をクリックすれば3カウントで開始されます。

データを確認しましたが綺麗でした。試していないですがこのデータを先程の「変換」で容量を小さくすることも可能かと思います。

GIF編

動画や画像をGIF変換することが出来るソフトです。

使い方は、GIFに変換したいデータを選択して「変換」ボタンをクリックするだけです。

私は、GIFってあまり使わないので試してみましたが、この変換したデータをどう使えば良いのかも分かりませんでした。

ツールボックス編

ソフトを立ち上げて、もっとも右にあるツールボックスですが、これは何が出来るのか?

クリックすると、次のような操作画面になります。

出来ること4つ
  • 写真を動画に変更

連続写真のような物

  • スクリーン分割ツール

動画を並べて別々に流すことが出来る

  • ベルツール

昔懐かしい着メロを作れる

  • 字幕エクスポート

字幕だけをエクスポートできる

あまり使うことは無いかも知れませんが、スクリーン分割ツールは面白そうでした。

こんな感じになります。

左にテンプレートがあります。

ここにビデオを追加すると、異なる映像を一度の画面で流すことが出来ます。

例えば、新郎新婦を半分ずつ流して結婚式で使うって方法もありかも!

上の例では少女と成長した女性みたいです。

なかなか面白いことが出来そうですね!

3つの画面では孫と子供とお爺ちゃんを同時に映像で流すと面白いかも

楽しめそうなソフトでした。

ビデオ変換ソフト「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」使って思うこと

  • ソフトの使い方はいたって簡単でした。

単純に何かしたいデータ(動画、画像)を選択して、変換ボタンをクリックするだけです。なので、ソフトの使いやすさは良いと思います。

ソフトウェアの価格ですが、日本円で3000円位~なので普通かな?最近ソフトを購入することが少なくなったので相場はわかりません。

Adobeのソフトなんて昔から高いイメージが強いし、月々払いに移行してるので一概には比較出来ませんが、お手頃って言葉が適正かも

  • 逆に目立ったのが、ソフトウェアの表現の悪さかな?

日本人相手にしては、言葉が無理やり変換した感じが出すぎだと思います。日本人スタッフ居ないのかな?この程度なら、誰でも相談すれば修正は可能だと思います。

せっかく使いやすいソフトウェアを作っても文字の印象でソフトウェア自体の信頼性に欠ける点が大きいと思いました。

  • HPのデザインやソフトウェアのデザインがシンプルすぎる。

ソフトウェアはもう少しデザインに凝ったほうが使う方も楽しいと思います。
この点は改良していほしい。

  • 動画変換ソフトが今時必要なのか?疑問です。

Youtube、Amazonプライムビデオのように有料だけどダウンロードして楽しむ時代になってると思うのですが

後は、これで簡単に著作権を無視してダウンロードする人が出てくるのも懸念されますね!
ダウンロードする側は悪意なんて無いと思うけど、他人にデータを渡したりしたらアウトかな?

よく似たソフトウェアが沢山あるのでライバルは多いと思われますが、少しでも興味を持った方は、こちらからダウンロードして使ってみて下さい。

created by Rinker
Amazon
¥6,980 (2020/02/19 09:03:37時点 Amazon調べ-詳細)



ビデオ変換ソフトレビュー
Todo and Blogテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください