あるある!電車で横の人が居眠りして寄りかかって来た時の対処法は?

この記事の所要時間: 33

通勤・通学電車内でよく見かける、眠っている人!

お仕事で疲れている社会人・勉強で寝不足な学生の方々など
疲れがたまっているので仕方ないのですが
たまに、横に座っている人が完全に寝入っていて、寄りかかってくる人っていますよね!

本人は「眠たい力」が強いので、他人に寄りかかっていても気がついてないと思いますが、横に座っていると本当に迷惑でなりません。

ここ数日、私の横に座った方はそんな人が多かった。
夏の暑い時期にこうなると、本当に嫌で仕方ない。

そんな時、皆さんはどのように対処していますか

スポンサーリンク2

対処法

対処法といっても、たくさんあって、どのような対策が一番良いのか良くわかりませんが、私が頭に浮かんで来る対策は、下にあげた4つです。

1)肘や体をぶつけて対抗する。

そんなに思いっきりでは無いですが、何となく体をぶつけて対抗して、相手に気づかせる。

最初は効き目があるのですが、さすがに相手さんの「眠たさ力」が強いのか向こうの方が完全に強い!

最初だけ、謝るのですが

その後は、また寝て、何度も寄りかかってくるので、最終的には根負けして諦めるパターン。

2)何気に気づかす

寄りかかってくる前に何度も咳をして気付かせる。

これもあまり効果はないのか、数回繰り返すだけで、相手に怯んでしまい、最終的には諦めるパターン。

3)注意する

きっぱりと注意する。

やはり効果的面でかなり、効き目はあります。

けっこう、長い時間効果があるので、相手も眠いけど必死で我慢しているのがよく分かる。

一方、注意する時点で、電車内に小さくても声が聞こえるので、周りに気を使う。

結局、こちらもその席に座っている自分自身が嫌になってしまう雰囲気悪いパターン。

4)黙って我慢する

これが、一番多いかも知れません。

黙って我慢する。

結局、何もアクションも出来ず、注意するのも嫌になって我慢する。

何となく日本人っぽい。

私の対処法

さて、4パターンありましたが、私の対処法は、歳を重ねるごとに変わってきました。

若い頃は、1番の対抗するパターンでした。

相手以上にこちらから、肘でゴツンとやってやりました。

さすがに、若かった頃です。

さて、最近は3番の注意するから4番の黙って我慢するに変わってきました。
最近は、注意して揉め事になることも多いし、良かれと思ったことが、相手にとっては逆上するパターンもあるし、注意しただけで、喧嘩になることもありそうなので

4番の黙って我慢が多いかな

男性よりも女性の方が多く見かけたりもしますね!

女性の場合は、やっかいで、1番の方法で対処すると痴漢とかセクハラになりそうなので、違う問題に発展しそうで怖いです。

思うこと

この季節、特に外が暑いのでクーラーの効いた電車内は快適なのか、眠っている方が多いです。

たまに、首が折れそうになりながらも、がっちり寝ていて、横の人にぶつかる寸前で、基に姿勢に戻る人も見かけます。

まるで達磨さんのように、こけそうでこけない姿を見ていると体幹?が強いのかなと思ってしまいます。(笑)


Purefly ネックピロー U型 手動プレス式膨らませる 旅行用 飛行機 バス オフィス 自宅 収納ポーチ付


携帯型 折り畳み トラベルエアー ネックピロー 洗えるカバー 持ち運びに便利な収納ポーチ付 グレー AKEMIDO


あなたの人生を変える睡眠の法則