「iPhoneバッテリー交換」2018年12月31日まで、まだの方はお急ぎを!

突然ですが「apple care」 入ってますか?

入ってない方は、iPhoneのバッテリー交換費用ってご存知でしょうか?

機種にもよりますが、だいたい5400円です。

高いか安いかは個人の考え方ですが、もしバッテリーが消耗していたら、2018年12月31日までに交換したら3200円で交換できるのでかなりお得です。

日常生活に必須なiPhone

今の時代、ほぼ毎日使っているものって考えると朝起きて歯を磨いたり、髭を剃ったりする生活道具全般、それ以外には毎日必ず使うものってあまり決まっていないような気がします。(平日は使うけど、土日は使わないものなど)

ここ数年、その生活に携帯 → スマフォ → iPhoneが加わりました。

朝は、iPhoneが目覚まし時計の役割になり、天気の確認とスケジュール確認、体重管理をしたり、暇になったらゲームして、Youtube見たり、通勤電車内では朝のニュースを確認する等、ほぼ一日中使っています。

そんな使い方なのでバッテリーの消耗も激しく、平日の仕事中は予備バッテリーを持ち歩く生活になってきました。

だいたい夕方にはiPhone7のバッテリーが30%位になって不安になります。

特に最近は、バッテリー消耗が激しいのか%表示がどんどん下がっていくように感じています。

それほど、毎日使う欠かせないものに「iPhone7」はなってきました。

おそらく、私の生活では一日使うものNo.1だと思います。

 

iPhoneバッテリ状態確認方法

今使っているiPhoneのバッテリーが消耗しているのか?まだ十分使えるのか?

これは、ご自身のiPhoneで確認することが出来ます。

iPhoneの「バッテリーの状態」を確認方法。

設定 → 中段くらいにあるバッテリー → バッテリーの状態をクリック

そうすると、最大容量とその時状態を表示してくれます。

私の場合、最大容量は82%で評価は「ピークパフォーマンス性能」となりました。

※この評価は、新品のバッテリーと比較した際の評価です。参考に、私のiPhone7は1年半使っています。

apple supportによると「ピークパフォーマンス性能」評価では、まだ大丈夫ですよ的な感じでした。

バッテリー状態の詳細は下記サイトで詳しく記載されています。

https://support.apple.com/ja-jp/HT208387

バッテリー交換方法

iPhoneバッテリ状態確認であなたのiPhoneバッテリー大丈夫でしたか?

まだまだ余裕がある方は、そのまま使いましょう

80%を切っていたり、評価で交換が必要なメッセージがある方は急いで交換したほうが良いです。

何といっても、3200円で交換出来るからです。(SEからXまでの方に限る)

さて、その交換方法ですが、iPhoneをサポートセンターに送って交換してもらう「配送方法」と「店舗持ち込み方法」の2つがあります。


店舗に行く場合は、AppleStoreの「Genius Bar」に予約して行くか、カメラのキタムラのような正規サービスプロバイダに持っていきましょう。

ただし、事前の予約が必要なのでしっかりと予約して行くことが大事です。

予約の取り方は、以前Blogで紹介したので、こちらを参考にして下さい。

Apple GeniusBar 予約方法(2018年6月版)

2018.06.13

配送修理の方は、こちらかAppleIDを入力して申し込んで下さい。

どちらの方法が便利か否かですが、2018年10月現在で新しいiPhoneが発表されたこともあって、なかなか「Genius Bar」の予約が取れない状況になっています。

時間の許せる方は配送方法が確実かも知れません。

思うこと

今年もあと3か月になってきました。

一年もあっという間に過ぎ去ります。

年末になると、バッテリー交換の駆け込み需要が多くなって、なかなか予約が取れなくなってり、バッテリーの在庫がなくなる可能性もあります。

時間のあるときに少しでも早く交換しほうが良いです。

だって、3200円なのですから。

ちなみに、apple careに入っている私にとっては現在の契約内容では来年の3月まで無料で交換になるので、それまでには現在の状況よりかなりバッテリー状態が悪化していると予想できるので、その時に交換予定です。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください