初代iPadで確認コード入力画面が出ないときの回避方法




テレワークで活躍した物の1つが初代iPadです。

この初代iPadにBluetoothスピーカーを接続して毎日音楽を聴きながら、お仕事頑張っていました。

ただ、IOSのバージョンが5.1.1と古いので何かとアプリをインストールするのにトラブりました。

特に、アプリインストール時にiPhoneSE2に確認コード通知が届くのですが、初代iPadの画面には確認コードを入力する画面が表示されません。

そんな時のトラブル回避方法はAppleIDのパスワードに続けて確認コードを入力することで、トラブルが回避出来ます。

入力例

AppleIDパスワードが「ABCDEFGH」の場合で確認コードが「123 456」とすると

AppleIDのパスワード入力欄で「ABCDEFGH123456」と入力するとOKです。

これで、古いiPadもまだまだ簡単な用途にはご使用可能です。

iPadも発売後10年近く過ぎますが、まだまだ現役のiPadの簡単な使い方紹介でした。

Appleメガネ

AppleのHP見ててちょっと気になりました。

この画像ですが

WWDC2020の広告ページです。

アメリカ人ってあまりメガネを掛けないイメージなんですが、この広告ページの3人のうち2人がメガネ掛けてますね!

もしかしたら噂のAppleメガネが発表されるのでしょうか

6月22日が楽しみだ!



Todo and Blogテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください