初めての青軸!税込み3780円のゲーミングメカニカルキーボードを試してみた。




新しくキーボード新調しました。(嬉)

キーボードが大好きなので、今までもちょくちょく買ってきました。

高城剛さん愛用の「Flyshark2」キーボードはかなり打感がいい

「HHKB Lite2 for Mac」を購入して、ますますProが欲しくなってくる。

Bluetoothの折りたたみキーボードは使いやすくて、遊び心もあって、とても良かったのですが、折りたたみのためその部分が故障してダメになったり、バッテリーで膨れ上がったりして少し怖い思いもしました。

結局、無線キーボードって電池が切れていたりすると使えないし、たまに通信が遮断されることもあるので、結局は有線ケーブルで繋ぐのが一番良いかと思っています。

今回購入したキーボードは有線タイプです。

E元素メカニカル式キーボード」中華製のゲーミングキーボード青軸です。

メカニカルキーボードの割に価格が、3780円と破格値!

あまりゲームはしないけど、メカニカルキーボードへの憧れもあったので買ってみました。

E元素メカニカル式キーボード

購入した、キーボードの開封ですが、ちょっとだけ説明しますね!

完全に、中国語ですか?なんて書いているのか良くわかりませんが、ダンボールはしっかりした感じです。収納も綺麗でした。最近の中国製は良くなってきたと実感しています。

キーボード関係一式です。

説明書とキーボード本体、交換用のキーとキーを抜く道具が入っていました。

ちなみに、説明書は中国語と英語の2種類だけ!日本語での説明は一切ありませんでした。

まあ、キーボードってつなぐだけで、あとはUSキーボードで日本語変換できれば何も問題ありません。

もし、このキーボードを購入して光らせて楽しみたい方は、「FN+INSもしくはHOME」をクリックすると変更できます。

明かりの強度は、「FN+矢印(↑↓→←)」で濃くなったり、薄くなったりします。それ以外はあまり使わないかな?

有線仕様なのでUSBコードが付属していますが、けっこう太いケーブルです。ちょっとブサイクな感じがします。

もう少しケーブルが細くて柔らかい感じだとコンパクトに出来るのですが、太いので使わない時の収納は不便です。

交換用のキーが5つ入っています。

交換用の道具は2種類ありました。(プラスチックタイプとカネタイプです。)

今使っているHHKB LITE2 Mac用と比較すると大きさはこんな感じです。

ファンクションキーが付いたぶん縦にサイズが大きくなっているのと、PRTSCやDEL、ENDキーが右にあるのでそのぶん横幅も大きくなります。

後は、全体的に重いです。

重いのでキーボードを打っている間はズレたりしません。そこは、メリットかもと思います。

背面はこんな感じになっています。E元素のマークでしょうか?羽が生えています。

スタンド部分もしっかりとしていますが、調整はないので、下げるか上げるかの選択しか出来ません。

キーボードから出ていくコード部分、この辺がコストを押さえているのか、ちょっと作りが雑です。なんとなく押し込んだ仕様になっています。

柔軟性があまり無いので、あまり曲げるとコードが破損しそうです。

虹色に光ります。

あと、光り方も数パターンありました。結局、光らせないで使っています。

オレンジ部分の←矢印がBSキーになります。これが非常に押し辛い!

もう少し大きくするか、下の方にあればよかった感じです。

あと、キーボードは真っ白と思ったのですが、キー意外の部分は写真のように銀色になっています。

指紋後が残りそうです。

以上簡単な「E元素メカニカル式キーボード」の詳細説明でした。

キーボード軸の違い

今回買ったキーボードは青軸を選択しました。

軸の違いって何か?最初はよく知らなかったのですが、調べると下記のような感じです。

  • 青軸:音が大きく、打感も強い(クリック感が好きな人に最適
  • 赤軸:音が静かで、打感も軽い(長文を打つ人に最適
  • 茶軸:青と赤の中間
  • 銀軸:反応速度がとても良くて快適

価格的にも上から下に向かって多少高価になります。

中でも、銀軸は高いとか聞きますが、あまり見たことがありません。

結局、クリック感が好きな私としては青軸を選択しました。

ちょっと、音が大きすぎるので、赤軸でも良かったかと今は思っています。

おそらく、ここまで音が大きいと会社では使えませんね!

自宅専用で使うには十分だと思います。



E元素メカニカル式キーボード使い勝手

今回購入したキーボードはUSキーボードです。なので、少し使い勝手が違います。

補足

1)日本語の切り替え
「ALT+`」で日本語の切り替えになります。これが少し面倒である。

2)キーボードが光る
ゲームする人にとってはこの光るキーボードが楽しいかも知れませんが、最初は面白と感じましたが、今では光を消しています。
普通に文字を打つだけでは光は邪魔でした。(反省)

3)高さが高い
キーボードの位置が高いのでパームレストがないと少し厳しい。
もう少し、キーボード全体が低いほうが良いです。

4)BSキーが押しにくい
BSキーが少し遠く感じます。
男性でもそう思うので、女性なら届かない範囲かも知れません。

5)キータッチ
青軸を初めて使いますが、自分が求めていたものに近いことは確実です。

E元素メカニカル式キーボードを購入して思ったこと

メカニカルキーボードは非常に高価と聞いていたので、なかなか手を出しませんでしたが、今回購入した「E元素メカニカル式キーボード」は3800円程度の価格です。

価格的には十分満足しており、失敗では無いと思っています。

使ってみて感じたのは、やはり音が少し大きいのが一番懸念する点です。

今回のメカニカルキーボードを使って、その使い勝手に満足したので、次回は赤軸、茶軸辺りを買ってみたいと思いましたね!



Todo and Blogテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください