技術士の面接を受験される方へ 少しアドバイス

この記事の所要時間: 948

001_g

2016年度の技術士筆記試験が終了し、既に筆記試験の合否も発表された。合格された方はこれからの面接試験に向かって色々と対策を立てていると思います。

また、勤務先での勉強会や何らかの支援のある人はそれを思いっきり利用して、このチャンスを必ずゲットして下さい。

さて、私は約10年前に面接試験を受験し無事に合格を手にしました。先日、昔の資料を整理していると面接試験前日の行動と当日の様子をメモしていた書類(日記みたいな物)が出てきたので、これから受験される方に参考になればと思って、その時の気持ちや心の揺れ具合を参考にして笑ってほしい。

強く構えていても意外と心細いものである。当時のバタバタしている状況を読むと、小さな人間だと思うかも知れないけど、やはり不安だらけの試験だったのでこれが現実だったのでしょう。

今年の受験者の皆さんも不安がたくさんあると思うけど、一足先に合格した者もこんな感じだったと思ってくれれば幸いです。

スポンサーリンク2

面接日記

12月05日(土)

とうとう明日に技術士の口頭試験を迎える。最寄り駅を11時頃の電車で東京に向かう。
何事も早めが大事であると思って、時間に余裕を持って出かけた。(かなり余裕)

鞄にはいつもの勉強道具をそのまま詰めて持っていく。
異常に重い!(さすがは紙ファイルだ、出張より多い資料に自分でも驚く)
本当にこの資料を見るか否かは別として、持っていかないと不安で仕方がない。
新大阪駅に12時前に着いた。そんなに急いでいなかったので、とりあえず12時37分の新幹線を予約した。
駅のホームで元阪神タイガースの和田選手を見た。(私は巨人ファンなので興味なしだが思ったより大きな体に少し驚く)
駅のホームで、コーヒーとチョコレートを買った。なぜチョコレートか良く分からなかったが何となく甘いものがほしかった。疲れているのかな?

新幹線に乗り込む、3列シートの窓際に席を確保、電源はなしだった。
気合いが入っていたのか座席に座るなりいきなり土木施工と月刊下水道の本を読む!
一応、会社でチェックしていた所を流し読み(これが試験でバッチリ質問に出た。先輩からのアドバイスがあったので、この対策は正解だった。)

15:06に品川駅に到着

ここには良く仕事で来ていたので、すぐに在来線へ乗り換え、宿泊先の五反田駅へ。雨が降っていた、天気予報を調べていたので傘は準備済み、ホテルまで約5分であったが傘をさすしか無い、少し肌寒い。

15:30にホテルに到着

チェックインと思いきや、チェックインは16:00からとフロントで説明を受け、仕方なくロビーで待機する。

16:00に部屋に入れるようになった。フロントでもらった鍵の番号を見ると1111とぞろ目!意味は何も無いが、何だか良い感じであると1人で微笑む。

ちなみに宿泊したホテルは「京王プレッソ五反田」を予約していた。チェックアウトの時間を12:00まで延長することが可能で一泊朝食付きで7400円を事前にネットで予約済み。

本当はもっと面接試験の近くの場所を探していたのだが予約がとれず、2駅程離れた五反田にした。ホテルは非常に綺麗で良かった。これでユニットバスでなければ最高なのだが、贅沢は言えない。

16:00に着いて、よし勉強と思いきや、テレビをつけると、Jリーグの試合をやっていた。思わず見てしまう。しかもレッズ対アントラーズと人気チームの試合で、今日アントラーズが勝てば史上初のJリーグ3連覇である。勉強はと思いながらもサッカー観戦してしまう。前半戦を見終えた時点で、ちょこっと勉強、しかしなかなか頭に入ってこない。

ちょっと、気分転換にチャンネルを変えてみる。何とこれもまた大好きなゴルフ中継、「あかん明日、試験やのに俺なにやってんねん」と心の中で叫びつつも、チャンネルを戻しサッカーの後半戦に見入ってしまう。

後半戦はアントラーズが何となく勢いがあった。やはり途中で興梠選手がヘッドで先制ゴール!これで決まったと思い、早めの夕食に出かけた。

外はかなり寒く雨が結構な勢いで降っていた。一人寂しく夕食である。
夕食はゲン担ぎで試験前には試験に「勝つ!」を込めて、「とんかつ定食」を食した。ここにきて、神頼みである。(笑)

夕食のお店は、ホテル近くをiphoneで探した。「とんかつまるき」こういった時のiphoneは本当に便利だった。
それにしても、さすがに東京である。とんかつ定食が1360円もした。結構高いけど、肉もとても柔らかく美味しかったのは言うまでもない。

これで準備も万端?ホテルに戻ることにした。
帰りに、ローソンで水とチョコレートを購入!

またチョコレートを買った。未だに購入動機がわからない。

時間は18:30頃か
さあ勉強するぞ!と意気込むも
ん?あまり進まない。
とりあえず、専門問題を解いていく。全然覚えてない。不安が不安が二乗になってよぎる。

20時頃まで勉強したか?ぜんぜん頭に入らない。焦るばかりである。

部屋の鏡が目に入る。当然、自分が映ってる。自分に問いかける。「あきらめたらあかんで!!」

とりあえず、先に風呂でも入って気分転換である。
ユニットバスはどうも苦手で、長く入っていると換気が悪いのか、気分が悪くなってきた。
気分的に弱っているからよけいにそう思うのかも知れない。

早々に風呂からあがり、気分は少しリフレッシュ!

勉強を再度開始である。

今度は経験論文の暗記である。
なかなか進まない。本当に自分が嫌になる。
途中またテレビをつけて、K-1を見るが見ているのか見ていないのか、時間は過ぎるばかりである。
何とか概要が頭に入ってきた。ただし、専門は頭に入らない。

また、弱気の虫が出てくる。
何度も、何度も自分に問いかけた。「あきらめたらあかんで!」

記憶が定かではないが、おそらく夜中の1時頃までそのような時間を過ごしたと思う。

自分なりに今日は何をしても、無理と判断し、就寝
翌朝7時頃に目覚ましをセットする。

少し寝たのかと思い、夜中に目をさます。時計を見ると、まだ1:20である。時間が殆ど経っていない。

また、寝る。
また起きる。時間は1:40台である。
全然寝つけていない。相当精神的に追い込まれているなと思った。
そんなことを繰り返しながら少しリラックスできたのがいつの間にか眠ったようだ。朝まで就寝していた。

12月6日(日)

朝起きてとりあえず、顔をあらい、歯を磨く、ロビーで朝食を済ませ部屋に戻る。
今日は天気が良さそうだ。昨日より暖かいのがよかった。
8:00頃からまた勉強に入る。相変わらず、頭に入ってこないがやるしかないのである。

ホテルは12:00までおさせていたので、ギリギリまで時間を使って、12:00少し前にチェックアウト。いざ渋谷へ出陣である。(単純なので気合だけは入る性格だ)

五反田から渋谷は2駅くらいか?すぐに着いた。電車内では、iPhoneでGReeeNの扉を聞きながら自分は出来るんだと思いを高める。

とりあえず、試験会場をチェックのためハチ公前から道玄坂を登っていく。場所が渋谷だけにまた、日曜日だったので、人の多さに圧倒される。しかも派手なおねーちゃんや、若造がわんさかと楽しそうに遊んでいる。
こんな場所で口頭試験かよ!と心で叫びながら試験会場をチェック

事前にネットやsukiyaki塾の講義で見ていたのですぐにわかった。
確か、試験会場の前にファミリーレストランがあると聞いていたが、見た感じは無かった。
ちょっと道玄坂を登ると別のファミリーレストランを見つけたが、ちょうど昼時であったから外から見た感じでは、人がいっぱいのようだった。

もう少し、歩き、適当な喫茶店に入る。
入ってみると、既に同じような受験生が2人程いた。
「みな必死で勉強している俺もがんばるぞ!」

サンドウィッチとコーヒーを頼み、そこで1時間半ほど時間を過ごす。14時に試験会場に向かう。受付を済ませ、控室に入る。思ったより人が沢山居たのが驚いた。たぶん50人以上は居たと思う。みなギリギリまでペーパーを見ている。

002_j

一応、私も最後のチェックをこなす。
時計を見ると15:00になっていた。私の試験まで、後15分である。
腹をくくって、5Fの511号付近に移動、少し離れた所で待つ
待っていると、他の人が511前の椅子に座った?
えっ!511号は俺やろ?
と思いつつ、もう一度受付で受け取った紙を見る。
ん?俺は507号か
焦りすぎや!

気持ちを落ち着けて、507号室の前で椅子に座る。
以外と落ち着いている自分に少し驚いた。5分前に前の人が出てきた。
顔を見る?
さっき、喫茶店で勉強してた人や!と直ぐに気付いた。

出てきた人が私の顔を見て「頑張ってください」と声を掛けてくれた、めちゃくちゃ嬉しかった。試験前でなかったら泣いていたかも知れないほど嬉しかった。

少し、待っていると試験官が出てきた。トイレ休憩のようだ。
なんの愛想もない人だった。この人が試験官か!
何となく嫌だった。

ドアが開く、とうとう私の番である。
「cyapuさんですか?」
「はい、そうです。」
「どうぞお入り下さい。」
いざ、出陣である。

003_j

思うこと

日記はここまでで終了していました。その後、3月には無事に合格通知が届きました。あれから約10年近くになろうとしています。今から読み直すと当時、私はiPhoneを持っていたのですね!gadget好きなので思っていたよりiPhoneを手にしたのが早い気がしますが。

あの時は、重たい資料をたくさん持って行った思い出があります。今ならtabletに全部のデータを詰め込んで持っていける時代ですから、少しは楽になったのかも知れません。

阪神の和田選手も今は監督も終えましたね!時間が過ぎるのは早いですね!

これを読んでどう感じたかは別にして、私の場合、やはり不安だらけで挑んだ試験でした。

私は弱い人間なのですが、何と言うか外見は強気タイプで、会社の人に頼るのが大嫌いな、かなり変わったタイプの人です。知らない人にだとわりと相談できるのですが、しょうもないプライドがあり、知っている人(特に社内)の助けを嫌がっていて、自分の力で勝負するタイプに見せる人でした。

実際には会社内で協力してくれる人の助けを受けた方が確実に近道なのですが、なぜか「借り」を嫌がるのです。

私が受験したときは、約45分の面接試験だった思います。今はその半分の時間で終了と聞いています。早いほうが良いように思いますが、失敗を挽回できない時間帯でもあるので、焦らずにゆっくりと意見を述べるようにすることが重要だと思います。

今回、この記事をBlogに載せた理由は、同じようなタイプの人が他にもいるのではないかと思って、記事にしました。おそらく、同じタイプの人は理解してくれると思います。

最後に一言ですが
「残り1ヶ月必死で頑張れ〜〜」


いままでのA面、B面ですと!?


独学・過去問で効率的に突破する! 「技術士試験」勉強法 (DO BOOKS)


技術士第二次試験「口頭試験」受験必修ガイド(第4版)


東京・首都圏のホテルオールガイド (ブルーガイドニッポンα宿泊)


Apple iPhone 6 16GB シルバー 【docomo 白ロム】MG482J