長距離バスで行く「白川郷と飛騨高山」に行ってきました。

こんにちは、cyapuです。

先週末に久しぶりにバス旅行に行ってきました。

長距離バスって何年振りに乗ったか記憶もないですが、休憩も沢山あったので、意外と大丈夫でしたよ!

晴れたり、雪が降ったりで、思うような景色を見れませんでしたが、これも旅の思い出になりました。

長距離バスで行く「白川郷と飛騨高山」工程

大阪から白川郷に行くには、電車を乗り継いて、最寄りの駅からバスで移動するか、自家用車で自宅から約5時間ほどかけて走るしか方法はありません。

交通の弁が悪いので、なかなか行く機会がありませんでしたが、長距離バスなら乗っているだけで目的地まで行けるとのことで、楽チンなせいかバスはほぼ満席でした。

工程など

バス旅行の工程

1日目
大阪駅付近に朝7時15分集合30分出発

白川郷へ
白銀の世界遺産の合掌集落を自由散策(約100分間)

奥飛騨・福地青だる
冬の風物詩である水が凍って出来る青い氷の柱「青だる」を見学(約20分)

奥飛騨温泉郷・薬師のゆ 本陣(16:30頃着)
雪見露天風呂や温泉かたりべなど老舗旅館で宿泊

2日目
ホテル8:20分出発

新穂高温泉駅

標高2156m!白銀の絶景の新穂高ロープウェイへ

しらかば平

日本唯一二階建ての第二ロープウェイに乗車

山頂西穂高口駅
標高2156mにある展望台

奥飛騨クマ牧場
餌やり体験を楽しむ(約50分)

高山まつりの森(自由昼食約50分)

高山市内
小京都高山をマップ片手に自由散策・自由昼食(約80分)

梅田(20:20頃着)

旅行費用

バス代、宿泊費、夕飯、朝食、ロープウェイ費用、クマ牧場入場料が込みで大人一人約1万8千円でした。

昼食は、行きは自由に途中のパーキングで食事、帰りはオプションで注文可能でした。

白川郷

当日、雪を期待して行ったのですが、すごい晴天でした。(笑)

そのため、雪が解けてしまっていて、少し風情が無くなっていた感じです。ただ、ガイドさんの説明によると雪が積もっていると、皆が同じ場所を歩くので、人が通った場所が凍ってしまって、こけるひとも多いらしく、今日のような天気の方が観光には良いらしいです。

白川郷で撮影した写真をご覧ください。

道路面を見てもらうと良くわかると思いますが、完全に雪が溶けています。屋根にも雪があれば良かったのですが、氷柱は少し残っていましたが、屋根には半分くらいしか残っていませんでした。

軽トラックの荷台に可愛い雪だるまがありました。地元の子供さんが作ったのかな?

最高の天気です。(笑)期待はずれでしたが、暖かくて歩くには気持ち良かったです。

手前の暖簾はかなり長い年月を感じます。提灯の色合いが良かったのですが、写真ではあまりイメージ通り写りませせんでした。

少しでも寒さを伝えようと、雪が残っている場所を撮影してみました。

向こうに見えるのが確か「和田家」だったと記憶しています。

今見ると、雪解けも良いかも(笑)

奥飛騨・福地青だる

【公式】トリバゴ 

人工で作った氷の柱です。山間の自然な場所に作られていました。

道路上にバスを止めるので、駐車場もありませんでした。地元の人に迷惑かなと思っていたのですが、地元の人も慣れているようです。

特にお店も無かったので、もし行く方は途中でトイレを済ませた方が良いと思います。

奥飛騨温泉郷・薬師のゆ 本陣

老舗の旅館らしく、地元ではかなり大きな規模でした。

温泉!最高に良かったです。

夕飯は、こんな感じでした。

旅館から歩いて10分で行ける所に「幻想的!タルマかねこおり(氷ばく)」ライトアップがあってとても綺麗でした。

初日はとても温かくバスに乗っていても暑いぐらいでしたが、流石に夜になると冷えてきて露天風呂が最高でした。

あまりにも気に入ったので、朝も朝食前に露天風呂に入りましたが、2日目はとても寒くて、朝から雪が降っていました。

これが、飛騨って感じでした。

朝食はこんな感じでした。

夕食にも朝食にも少しだけ味噌がありました。名古屋が近いので、そのせいかと思いますが、関西人にしては少し辛い味噌でした。

寒さの厳しい場所では味が濃いめだと聞きますが、夕食朝食を食べてそれが良く分かりました。

標高2156mの新穂高へ

カメラを持って行ったのでこの山頂での撮影を期待して行ったのですが、当日は雪が凄く、山頂の気温はマイナス7℃と極寒でした。普段体験できな寒さに少し笑ってしまうほどです。

登り下りは2階建てのロープウェイを使います。行きは1階に乗り、帰りは2階に乗って下りてきました。

寒さがとても厳しかったのですが、これも良い経験です。

個人で行くと、このロープウェイは約3千円程するので、ツアーはお得感がありました。

餌やりが体験できるクマ牧場

クマって冬は冬眠しているのでは?と思ったけど、観光用でしょうか

クマも元気に餌を掴んでくれました。

奈良の鹿のような感じで、クマも人が来ると餌をもらえるのが分かっているのか、手で合図をします。

その仕草がとても愛らしくも、少し悲しくもありました。

ただ、小さなお子さんやカップルには大人気でした。

我が家の奥さんと子供も動物大好きなので、喜んでクマに餌をあげていました。(餌代は旅行費用に含まれています。)

高山市内観光

高山市内に行く前にお昼ご飯です。

この旅は食べてばかりで、かなり体重が増えました。奥さんは大喜びでした。

ここ、風情があって街並みがとてもよかったです。

観光客がかなりいらっしゃるので、写真を撮るには難しかったです。

もう少し、人が少なかったら良い写真が撮れたと思うのですが

またまた食です。

行列があったので、並ぶと「飛騨牛のにぎり寿し

ここでも奥さんと子供はしっかりと食しました。(笑)

思うこと

バスツアーって疲れると思っていたのですが、久しぶりに乗った感想は、そんなに疲れませんでした。

今回のバスツアーのガイドさんがとてもお上手で、途中途中の休憩を適時にとっていただいた結果だと思います。

また、ツアー客の皆さんも時間通りに必ず集合して、遅れることが一度もありませんでした。

こんなツアーに参加すると必ず、煩い人や迷惑をかける人が居ると思ったのですが、少し感覚が変わりました。

今回の旅行は結婚25年、要するに銀婚式だったので、子供が旅行費用を出してくれました。子供が成長して、親の祝いをしてくれるなど、これからの「林住期」を楽しめそうでとても嬉しい体験でした。

成長した子供に感謝しています。

バスツアー楽で良かったです。

気に入ったので、またどこかに行ってみたくなりました。

次は、カニツアーでも行くかな?



Todo and Blogテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください