「RSタイチ」大阪本店で「HJCヘルメット」購入(被ったときの微調整も無料でした。)




ここ数年、ヘルメットはYamaha製の「Yamaha ZENITH YJ-17」を被っています。

まあまあ気に入って被っていたのですが、ヘルメットを被るときにどうしても耳が引っかかり、痛かったのが嫌でした。

また、ヘッドセットをつけてからは、ヘルメット内が窮屈になって、乗っているときに頭が痛くなったり、耳が痛いことがありました。

そんなわけで、バイクもGSR250Sに乗り換えたこともあって、ヘルメットを再購入しました。

購入先は、RSタイチ大阪本店で購入しました。

RSタイチでヘルメットを購入すると、購入時にウレタンパットで調整もしてくれます。

なので、自分の頭の形に合った内装になり、ストレスが無くなりました。

これは、被っている側としては、運転に集中できるメリットだと思います。

リターンライダーが選んだ「SUZUKI GSR250S」が納車しました。

2019-03-28

来春のツーリング用に「Yamaha ZENITH YJ-17」ヘルメットを購入しました。

2017-12-18

RSタイチで購入した決めて

前回購入した、「Yamaha ZENITH YJ-17」はショップで実際にヘルメットを被ってから、被り具合を確認してAmazonで購入しました。

Amazonで購入した理由は、単にショップで売られているよりも安かったのが原因です。

しかし、実際にAmazonから届いた商品は、少し窮屈な感じを受けました。

購入当初は、新品なのでショップに置いている分と異なり、窮屈なのかな?と思っていたのですが、いろんな方にお聞きすると、「ショップで販売されている分とネットで購入した物とは多少検品チェックの甘さもあるので、違うと思う」ってアドバイスを受けました。

何となくそう思うことも多々ありました。被るときの耳の痛さは相当でした。

Amazonのレビュー記事を読んでも同じような意見を言っている人が多かったです。

そんな時にTwitterで「ヘルメットを被っていると頭が痛い!」なんて呟いていると、フォロワーさんからアドバイスがありました。

へ〜そんなサービスがあるのかと初めて知りました。

けど、AraiとかSHOEIとかの有名でお高いヘルメットしかダメだと思っていたのですが、私が購入した「HJC」のヘルメットでもOKでした。

サイズを測ってウレタンパットで調整してくれるので、被った時は完璧でした。

お店の方の説明によると、経年劣化で中のスポンジが縮んだり、今は合っていても段々と違和感が出てきたりするので、その時は購入してから3年間は面倒見てくれるので安心です。

他のショップでも同じようなサービスはありますので、ヘルメットを購入する時は、ネットでの購入も良いですが、お近くのショップをお勧めします。

購入した「HJC i70」ヘルメット

以前は、ジェットヘルを使っていましたが、今回はフルフェイスを購入しました。

ジェットヘルでも良かったのですが、久しぶりにフルフェイスを被ってみたくなりました。

購入したヘルメットは、「HJC i70」です。

韓国のメーカーらしいのですが、最近アメリカではAraiを凌ぐ勢いて売れているそうです。価格も安価なタイプからプロが使うタイプまで沢山ありました。

顎部分と頭頂部に空気を取り入れる部分があります。このヘルメットは2箇所だけです。

冬場は気になりませんが、夏場が少し暑いかもしれません。今からの季節使ってみて、また感想を述べたいと思います。

左がシールドを上げる部分です。少しだけ「カチッ」と閉まりますので、わかりやすいと思うのと、グローブを着けていても簡単に操作は出来ます。

右はシールドを交換する時に扱う部分ですね!これも説明を聞きましたが、ワンタッチ機能でシールドが簡単に交換できます。(クイックリリース方式)

ヘルメットに慣れてきたら、カラーに交換したいと思っています。

このシールドもRSタイチでヘルメットを購入した人は20%OFFで購入することが出来ます。

ヘルメット内にサンバイザーが付いているのですが、それを下げる時に操作する部分です。

最初は慣れませんでしたが、今ではスムーズに操作出来るようになりました。

ここが私にとってはとても重要で、ヘルメットの顎紐部分ですが、バックルを閉めるのがとても下手です。

なので、このように「カチッ」と簡単に締めれるタイプ(マイクロバックル)でないとヘルメット被るまでに時間がかかって、運転に集中できない面があります。とても重要な部分です。

ヘルメット内のパットの状況です。少し見えにくいですが、適度にパッドは入っています。特にほっぺた部分がしっかりとしている感じがしました。

私は、眼鏡をするのですが眼鏡スリットも付いているので、問題ありませんでした。

他にもヘッドセット用のスピーカーが入る窪みもあります。少し浅いですが、必要十分ではないかと思います。

顎部分の画像です。

この部分が少し薄い感じです。もう少し厚いほうが安全面では安心感があります。その分、ストローでジュースを飲むときはヘルメットを被ったままでも対応出来ます。

購入してから既に2か月経っていますが、今のところパッドも頭の形に合っているので痛いところは出ていません。

とても気に入っています。

フルフェイスとジェットヘルの違い

ジェットヘルからフルフェイスになって思ったことはこんなことです。

良い点
  1. 安心感が半端無い
  2. とても静か
  3. 見た目がレーシーで若く見える
  4. 走る気になる
悪い点
  1. 視界が狭い
  2. 被るのが面倒
  3. 信号で止まった時に飲み物が飲めない
  4. 大きい

こんな感じでしょうか、どちらも良いですし、乗っているバイクにもよるので、2種類持って被り分けしているのが最も良いと思います。

思うこと

ヘルメットを購入して思ったのは、ヘルメットや靴、手袋等のバイクに乗っていて敏感に感じるものは、やはりショップで実際に被ったり、履いたり、使ってみて使用感を確認した商品をその場で購入した方が良いと思いました。

どうしても、ショップだと多少金額は張るのですが、それは仕方ないし、その分しっかりと説明をしてくれるので安心感はあると思います。

今回、RSタイチ本店で購入した時は本当にそう思ったし、スタッフの知識もしっかりとしていて、私のような格安のヘルメットでもしっかりと対応してくれる点が嬉しかったです。

次も、何かバイク商品を購入する時は「RSタイチ」に行って、説明を受けて納得して購入したいと思います。

バイクは楽しく乗るのが一番なので、身に付けるものは多少高価で合っても、安心を重視することにしました。

これって、当たり前かも知れませんが・・・

追伸:くれぐれもネット商品がダメでは無いです。私なりの私見です。



Todo and Blogテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください