レザークラフト教室 「GINZA自遊工房」

この記事の所要時間: 318

レザー1

スポンサーリンク2

leather craftへの挑戦

・概要

以前から興味があった、レザークラフトへ挑戦してきました。私は不器用ですが何か作りたいとずっと思っていたので思いつきで、レザー教室に出かけてきました。場所は銀座「自遊工房」です。作業時間は約3時間でした。

今回、私が作った品で材料込で5400円でした。作業は思っていたよりとても楽しかったです。今後、何となくはまりそうで怖いです。!(^^)!少しだけ写真撮ったので、紹介します。

・作業場所

銀座駅のA5番出口から東銀座方面に向かって徒歩5分くらいにあります。交差点付近にある茶色のビルでした。このビルの3Fに教室がありました。

001

3Fまでは、エレベータもありましたが、階段で登りました。上がったらすぐのドアに「GINZA自遊工房」とあります。ここが教室のようです。

002

工房は思ったより広く感じました。他の生徒さんもいらっしゃるので、あまり写真を撮ることができませんが雰囲気はこんな感じでした。

R0012598

奥では、陶芸教室もされています。どちらからと言うと陶芸教室の生徒さんの方が多かったように思います。轆轤を回すなんて私には無理ですが、一つのものを作るのに集中するには非常に面白そうでした。

・作成した物

私が今回作成した物は、普段会社で使用しているA5版のノートカバーを作成しました。当日は、生徒が少なく時間もあったので、革の染色もさせていただきました。

003

上の革が染色終了の色合いです。下が染色前の色です。染色液を、5回程塗る作業をしました。思ったより簡単に染色ができることが写真でわかると思います。染色で皮がこのように変化することに単純に驚きました。染色完了が下の写真です。

004

ノートカバーなので、ペンを指す部分が必要となりますが、その部分にも染色しました。小さな部品ですが、丁寧に染色しました。これで表から見える部分は全て同じ色になります。

005

このペン指し部分は、いったん丸めて終了です。さきっぽはボンドで止めています。

006

次は、裏地作業です。

表の革が厚めなので、裏地は薄いタイプの革を選択しました。色も、別のものをあえて選択しました。左側の線が入った部分に名刺を挟もうと思っています。右の斜め部分が資料を挟むように工夫しました。

007

表面と裏面をボンドで止めるとこんな感じになります。

008

ペンを指す部分もボンドで固定します。

009

作成した部品全て固定するとこんな感じになります。この時点で想像していた物が出来てきました。ここまでの作業時間が1時間半程度でした。

011

さて、これからは縫いに入ります。沢山の糸がありましたが、この濃い色を選択しました。茶色の濃い感じの糸です。

012

はじめて知りましたが 、縫っていくところに穴をあけます。ポンチのようなもので、その位置を決めていきます。

013

その後、約1時間半で全体が縫い終わりました。縫う時間なんて、小学校時の家庭科いらいでしょうか?ほとんど記憶にありませんでしたが没頭するのに良い時間でした。途中、作業状況を写真で撮ろうと思いましたが没頭すぎて忘れてしまいました。!(^^)!もう少し工程をお見せ出来たら良かったのですが、申し訳ないです。

完成品です。

014

・おわりに

はじめは、本当にイメージしたものが出来るか不安でしたが、教室で丁寧に教えていただき、そのまま作業しているとあっという間に出来上がりました。とうぜん、細かく見ると失敗箇所が沢山ありますが、それは手作りの愛嬌で良い所と思っています。レザーのカッティングから染色、縫うところまで作業でき、意外と自分にも集中力があることに驚きました。手先を使うので、ぼけ封じにもなりそうです。今後はもっと、しっかりした物を作って行きたいと思いました。


はじめてのレザークラフト