「SMC PENTAX 55mm f/1.8」購入記録

「SMC PENTAX 55mm f/1.8」購入記録
この記事の所要時間: 60

IMG_5323

前回の記事で「SMC PENTAX 55mm f/1.8」を手に入れたことを記事に書きました。

今回は、購入に至った経緯を記事に書きたいと思います。

なぜオールドレンズ購入なのか

私の年齢よりは少し若いですが、このレンズは1975年に作られた40年前のレンズです。

40年前に生産されたレンズが現在のデジタル一眼カメラに取り付け撮影することが出来ます。

Camera本体に何も細工しなくて使えるんです。

Pentaxって凄いCameraメーカです!製品作りに拘りがある、そこがPentaxの好きなところです。

実は、20歳前後の頃ヴィンテージ物が大好きでした。

友人と古着屋を何件も探し回って、買い物していた記憶があります。当時はリーバイスの501のジーンズを数着持っていました。

その当時から、古い物に対する味は何となく自分に合っていると思っていました。

当時、バブル時代全盛だったこともあり、新しい物が次々と開発され、古い物は世間でもマニアだけが持つアイテムっていう感覚でした。でも、その新しい物は次々と生産されるだけで、そのほとんどが故障するような物が多かったように感じます。

その当時から日本製ではなく海外製が多くなったような気がします。

物作りの基本が出来ていないのか、安くても大量生産することが使命だったのか、物作りの考え方が変わった時代だったと思います。

最近、自分が半世紀近く生きてきて思ったことがあります。

古い物に対する味・手触り感が懐かしく愛おしい。

一言でそれが一番のきっかけです。

1年半ほど前からCameraを始めました。

AF撮影は便利でとても綺麗な写真が撮れます。

素人でもPentax K-50を使うと、簡単に撮影できます。とても楽しいです。

でも、たまに自分で苦労して思った描写で撮れないかと思います。

AFのレンズでも可能ですが、やはり古いレンズは違います。

1枚の写真を撮るのに何度も失敗します。ぜんぜん思った写真が撮れません。
でも、楽しいんです。とてもとても!

そう思っていた時に、ネットでオールドレンズがあることを知りました。

写真を見ましたが何となく温かみがある写真がたくさんありました。

「これっ」て思いました直感です。

俺もこんな写真が撮りたい。そう思って色々と調べました。

良く調べると、車やバイクと同様で古くて良い製品は値段がとても高いです。

当たり前ですよね!
でもよく調べると安い製品も沢山ありました。

その製品は少し整備が悪い品でした。でも、始めるにはそれで十分です。

ダイヤルをカチカチ回すだけで楽しいです。

と思った瞬間からこの「SMC PENTAX 55mm f/1.8」と付き合うことになりました。

購入記録

どこで購入すれば良いのか良くわかりませんでした。

相場はネットとヤフオクで大体の事はわかりました。やはりヤフオクが一番簡単な入手方法だと思いました。

しかし、このような物は手に取ってみないとわかりません。触った時の直感が大事だと思いました。やはり、オークションより値段が高くてもお店で購入しようと思いました。

数店のお店でオールドレンズを探しましたが、なかなか気にいる物が見つかりませんでした。

私が欲しかったのが、28mmもしくは30~35mm付近のレンズでした。

この辺りのレンズはオールドレンズで最も人気があるようです。
そう簡単には見つかることはありませんでした。

たまたま会社の近くに「カメラのキタムラ東京・日本橋店」がありました。

このお店は中古レンズも多数取り扱っています。

ここでたまたま見たレンズが「SMC PENTAX 55mm f/1.8」でした。

私が欲しかった28mmではなかったのですが、非常に外観も綺麗で気に入りました。

また、「カメラのキタムラ東京・日本橋店」の店員さんは非常にCameraやレンズの事が詳しくて説明が上手で丁寧でした。(当たり前ですが)

店員さん曰く、55mmは人を撮影するには最適なレンズだと説明していただきました。

フィルム時代の大きさに変換すると55mm×1.5倍=82.5mmです。

人を撮影するときは75mm~80mm付近が良いそうです。

Pentax K-50を持参していたので、お店でマニュアルレンズの設定方法、操作方法・留意点等を教えていただきました。

やはり店員さんはCamera大好き人間でした。その丁寧さに負けた事と「SMC PENTAX 55mm f/1.8」が気に入った事で、即購入決断しました。

お値段は破格の2,400円(税込)でした。

55mmは相場的にもそう人気はありません。やはり28mm付近は大人気のようです。

Camera初心者の私にとってはこのレンズで勉強です。

マニュアルレンズを使いこなすことが出来れば、28mm付近に挑戦します。

「SMC PENTAX 55mm f/1.8」詳細

記事が長くなっていますが、やっとここで「SMC PENTAX 55mm f/1.8」の詳細画像です。

IMG_5311

IMG_5312

IMG_5318

「SMC PENTAX 55mm f/1.8」の仕様

  1. レンズ:単焦点
  2. F値:1.8
  3. フォーカス:MF
  4. マウント:Kマウント
  5. レンズ構成:5群6枚
  6. フィルター径:52mm
  7. 絞り羽枚数:6枚
  8. 焦点距離:55mm
  9. 重量:225g
  10. 最短撮影距離:0.45m
  11. 発売:1975年
  12. 当時の定価:約19,500円

その時代は

このレンズは40年前に生産されたレンズと書きました。

40年前はどのような時代であったかとふと調べたくなりました。

年号で思い出すと昭和50年となります。

その年の主な出来事、
・山陽新幹線が岡山から博多間がつながった年
・マイクロソフト社が設立
・ロックバンドキャロルが解散
・ローソンが設立
・佐藤栄作元首相が死去
・広島カープが初優勝 等々です。
ちなみに1975年の大卒男子の初任給が91,272円でした。

そう考えると「SMC PENTAX 55mm f/1.8」の定価は約1/5にあたります。

当時からレンズは高嶺の花だったんですね!

大事に使っていきたいと思います。

関連記事
オールドレンズ「SMC PENTAX 55mm f/1.8」で楽しむCamera Life

「SMC PENTAX 55mm f/1.8」撮影記録


RICOH デジタル一眼レフ PENTAX K-50 DAL18-55mmWR・DAL50-200mmWRダブルズームキット ブラック K-50 WZOOM KIT BLACK 10907

 


【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black CHDHX-501-JP

Cameraカテゴリの最新記事