CP+2015に行ってきました。

この記事の所要時間: 65

camera

カメラと写真映像の展示会 CP+2015に行って思ったことはCameraはやはり面白い。その一言でした。

25255BUNSET-25255D16

昨年は、大雪で最終日が中止となるなど、思いもよらないことが多かった2014でしたが、今年は昨年と異なり見事な快晴でした。場所は昨年同様、パシフィコ横浜です。

・CP+とは

CP+(シーピープラス)は、パシフィコ横浜において一般社団法人カメラ映像機器工業会が主催する、カメラと写真映像の総合イベントです。 国内外の写真映像に関わる企業が集まり、カメラ・レンズをはじめフォトプリンター、フォトアクセサリー、望遠鏡、その他写真関連機材など、多岐に渡る写真映像関連商品や最新技術を紹介する場であり、“撮る・見る・つながる”をキーワードに、あらゆるセミナーやイベントを通してより楽しく豊かなフォトライフを提案する、カメラと写真映像の情報発信イベントです。

・撮影Cameraと来場者等

今回のCP+2015で使用したCameraは、実家に長らく貸し出ししていた「GR Digital Ⅳ」です。 やはり、明るいレンズで機動性が良いCameraはこのような場合使い勝手が非常に良いです。

来場されていた方々は皆さんとても良いCameraを首から下げていました。見た感想ではCANONの一眼が最も多かったように感じます。また、来場者の中でも女性が沢山いらっしゃいました。一時流行ったCamera女子でしょう。こちらの方々はミラーレスが目立ったように感じます。しかも、高級なレンズをつけている方が多かったように思います。皆さん素敵でした。

休憩中に60代位のお父さんとお話ししましたが、依然と比べるとブースの数も出展数も減っているようです。人気は下降気味のようですが、はじめて行った私は目が輝くほど楽しかったです。ほとんどのメーカの新機種を触れたことが嬉しかった。

・各ブースの様子

まずは、私のCamera lifeに最も影響を与えてくれたRICOHブースに行ってきました。

現在、私の愛機Pentax K-50もまだまだ現役です。しっかりと宣伝されていました。

RICOHが今回発表した、K-S2ですが立場的にはK-S1の上位機種になります。しかし、K-S1と比較するよりもK-5やK-3と比較するくらい出来は良いです。少しだけ撮影しましたが、シャッター音がとても快適です。私が使っているPentax K-50と比較しても軽くて持ちやすい感じがしました。もっとも良いのはバリアングル液晶とWi-Fi搭載でしょう。

CANON、NIKONの最新機種は、バリアングル、Wi-Fiが標準になってきているので、これでPentaxも追いついた感があります。

GRも発売から約2年が経過したので、そろそろ新型の噂がありますが、出展者に聞くとまだその情報はつかんでいないようです。しかし、GRは素晴らしいですね!私のGR Digital Ⅳも大好きですが、電源ONからの立ち上がりはやはりGRの速さがうらやましく思います。もし、GR Digital Ⅳが故障したらGRを手に入れると思います。

先日の「SMC PENTAX 55mm f/1.8」記事を書きましたが、ここでもこのような機種が展示されていました。

私の「SMC PENTAX 55mm f/1.8」より明るい50mmf/1.4です。
このオールでレンズもかっこいい。みてるだけでたまりませんでした。

Panasonicブースです。

Lumix GH4人気がすごいですね!4Kの映像は見ているだけうっとりします。これが動画で簡単に撮れるなんて凄い時代になったと思います。

Nikonブースです。

後に続くCanonブースとも流石に2強です。ブースの大きさや機種の多さに驚きました。最新のD5500良いですね。Pentax K-50とD5200を購入時に迷った経緯があるので、浮気して欲しくなってきました。

Canonブースです。

流石に人が多いです。キングですね!私は残念ながら興味がありませんでした。Canonではこのような展示方法もありました。

面白い!
見せ方が上手ですね!Cameraを分解するとこんなに部品があるのですね。

FUJIFILMブースです。

私の知人のダーフクさんが使っているFujiです。ここも非常に人気がありました。Cameraの貸し出しもやっていましたが、既に満員で時間的にも無理でした。Fujiはレンズがとてもたくさんありました。明るい広角レンズが多かったように思います。

SIGMAブースです。

最近私が購入した「Sigma 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO」ブースです。私が欲しいレンズが2本ありました。Sigmaも非常に人気がありました。特にdpシリーズは行列でした。あのデザインで広角レンズは皆さん興味あるんですね!made in Japanの性能の高さと斬新なデザインがとてもよかったです。

他にもたくさんのメーカさんが出展していました。

全てを紹介することはできませんが、変わった商品や面白い商品もたくさん出品されていました。約3時間ほど滞在しましたが、あっと言う間の時間でした。

やはり、Cameraって面白いですね!最新機種には沢山の夢がありました。
当然、先日購入したオールドレンズ「SMC PENTAX 55mm f/1.8」も大好きです。こちらはこちらで面白い。

私の場合、単焦点が好きなのでこの「SMC PENTAX 55mm f/1.8」でもっと使って腕を上げていきたいと思います。

・おわりに

昨年は、大雪で残念ながら参加することができなかったので、今年は参加できて本当に良かったと思います。

Camera人気が下降気味と聞きますが、やはりメカは見ているだけで面白い。会場も女性が沢山いらっしゃり、まだまだ人気が上がっても良いのではないかと思いました。全体的に見ても、一眼よりミラーレスを持っている方が多かったように感じます。流石にCP+ではiPhoneで撮影するより、みなさんご自慢のCameraでの撮影が多かったように感じました。(当然ですね)

今回、展示会に参加したことでCameraへの思いが強くなったように感じます。また、ある程度自分のCameraでの撮影スタイルが出来上がってきたようにも思いました。

自分が思った撮影スタイルは、スナップはGR Digital Ⅳ ポートレートは「SMC PENTAX 55mm f/1.8」 旅行では「Sigma 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO」となりそうです。

今後も楽しんでCameraに付き合っていきたいと思います。


RICOH デジタルカメラ GR APS-CサイズCMOSセンサー ローパスフィルタレス 175740


RICOH デジタル一眼レフ PENTAX K-50 DA18-135mmWRレンズキット ホワイト/ピンク 009 K-50 18-135WR KIT WHITE/PINK 009 11397