iPhone6 Plusを月々958円で契約しました。

この記事の所要時間: 857

000_

スポンサーリンク2

私のiPhone履歴

私がiPhoneに出会って、この端末を使用するようになって約6年が経過します。少し、今までのiPhone歴を記憶と共に思い出してみます。

iPhone3Gの時代

一番初めのiPhoneは2009年3月に契約したiPhone3Gでした。当時、iPhoneをSoftBankのキャンペーンで本体1万円で購入しました。確かその6月にiPhone3GSが発売されるとの噂があり、iPhone3Gのキャンペーンだったと記憶しています。当時はメインで使用していたガラケーと2台持ちだったので、iPhone3Gは、通信専用端末と使用し、iPod変わりに使用していた記憶があります。途中からガラケーを解約し、iPhone3Gをメインに使用しました。当時はまだまだガラケーの方が便利だったのですが、それでもiPhoneのデザインや機能の素晴らしさに感動して毎日使っていて、本当に楽しかったです。確か月々の使用量が3,000円くらいだったと記憶しています。

iPhone4の時代

その後、2011年にiPhone4に乗り換え、まるでメインパソコンに匹敵する端末になり、ますますiPhoneにはまっていきました。今でも当時のiPhone4は手元にあります。車に積んでiPod代わりに使用しています。バッテリーがかなりへたってきましたが、この大きさと厚みが私はとても気に入っていました。この当時も月々4,000位だったと思います。ちなみに、娘はこの時にiPhoneデビューしiPhone4Sを使っていました。少し羨ましかったです。

iPhone5の時代

時代の流れにより、2013年の春にiPhone5に乗り換えました。家族全員でSoftBankからauに乗り換えです。iPhone5になって大きさに驚きましたが、いつの間にかこの大きさにも慣れました。東京での単身赴任生活でとても活躍した端末です。どこに行くにもiPhone5があれば困らないし、行った先々で写真を撮り家族や友人に送ったりしていました。この頃から、iPhoneなしでは生活できないパターンにはまっていったように思います。それほどAppleの作るiPhoneが素晴らしかったのでしょう。

この時代の使用金額も家族割、学割、au関連のインターネット割引などで月々4,000弱で使用していました。他の人に比べると安く運用していたと思います。

次は

001

ほぼ2年おきにiPhoneを購入してきました。そろそろiPhone6に乗り換えと思っていたのが昨年の秋でした。今まで、iPhoneは購入するごとにiPhoneの新機能の素晴らしさにウキウキしていたのですが、今回のiPhone6やiPhone6Plusにはただ大きくなっただけで興味が湧きませんでした。このままiPhone5を使用していても何も困らないし、機能的にも十分でした。しかし、現在の携帯会社との契約を考えると2年経過すると極端に月々の使用金額が変わってきます。auに来店し今後の月々の金額を聞くと約2,000円ほど値段が高くなると聞きました。そうなると月々6,000円になり年間では24,000円も多く支払うようになります。これは出費としては非常に大きい金額です。

そこで、年度末の3月に某家電量販店でiPhone6のキャンペーンを知り、家族と乗り換えをすることになったわけです。

iPhone6Plusの時代

iPhoneに冷めていたと言っても、もともと大好きなのでiPhone6が発表された昨年にはAppleStore銀座店に何度も足を運び、端末を触っていました。その時は「やはりサイズが大きい」の一言でした。

iPhone6Plusは大きさを確認して論外と思っていました。ポケットに入れることが出来るのが携帯電話と思っていたので、この大きさではiPadを持ち歩く感覚でした。しかし、android端末には興味がなかったので、iPhone6かiPhone6Plusの選択しかありませんでした。

今回は、auからSoftBankに返り咲きです。このキャンペーンも3月末の週末だけだったので、機種は在庫限りでした。iPhone6の場合、スペースグレーとシルバーが各2台、iPhone6Plusの場合、全色6台ほどありました。端末の色はゴールドが欲しかったので、必然とiPhone6Plusになりました。この大きさはどうかと非常に悩みましたが、あとで説明しますが、キャンペーンに負けました。結果、今回購入した端末はiPhone6Plusのゴールです。

今回の契約

先程も書きましたが、今回はauからSoftBankへの乗り換えです。この乗り換えキャンペーンがとてつもないお得なキャンペーンでした。

ほとんどのキャンペーンは16GBが実質0円での契約が多いと思います。これは、年間を通じでキャンペーンをよく見ますが、今回の契約は一括0円です。月々の端末費用がかからない、それで月々の割引は2年間ついてきます。しかも、通常は16GBが多いと思うのですが、私が手にしたiPhone6Plusは64GBです。64GBのiPhone6Plusが一括0円です。

その他にも学割、乗り換え割、家族丸ごと割などの契約がついてきました。私はiPhone5を使用していたので、その下取り割引もついてきました。結果、AppleCareを付属して月々958円になりました。ただし、この契約は最初の10か月だけ等、色々と制限はあります。

契約内容

詳しい契約は省きますが、簡単に契約内容を説明します。

  1. 最初の1か月は約15,000円(初期費用、オプション加入等)
  2. 2か月目から10か月目まで958円(もし、AppleCareを除くと約500円になります。)
  3. 11か月目から24か月まで約3,000円になります。

家族3台で乗り換えたので、データ量等により多少異なりますが、3台ともほぼ良く似た契約でした。

ちなみに私の契約内容は、通話し放題+通信量が3GBです。今までは7GBでしたが過去の通信量を確認しても3GB程度だったので、おそらく問題はないと思います。その代りに通話し放題がついてきました。今まで、iPhoneは通信端末で使用することがほとんどだったので、通話は不要と思っていましたが、いざ通話し放題になると思ったより電話で話すことが多くなりました。仕事でも電話するので電話代を気にする必要がなくなったのは思っていたよりも良かったです。やはり、iPhoneは電話するための機能も使わないと意味がありませんね!携帯ですから。

2年間の概算費用

月々958円の契約ばかり目が行きますが、本当に今回の契約は安かったのでしょうか?auのiPhone5をそのまま2年使用した時と、今回の契約変更をしたことが妥当であったか、検証したいと思います。

auのままで2年継続した場合

  1. 月々6,000円×24か月=144,000円

この金額が3台になります。

SoftBankで2年間使用した場合

  1. 最初月 15,000
  2. 10か月まで958×9か月=8,622円
  3. 24か月まで3,000×14か月=42,000円
  4. 合計金額=65,622円

トータル比較

2年間の総費用比較です。(初期費用含みます。)

144,000円ー65,622円=78,378円もお得になります。

3台契約したので、合計23万は得したことになりました。

思ったこと

002

契約したのは年度末だったので、iPhone6Plusを使用して約半月が経過しました。iPhone5からの乗り換えだったので、iPhone6Plusを手に取ったときは、その大きさに驚きました。やはりデカイと後悔したこともありましたが、今ではこの大きさに慣れてしまいました。老眼が始まっているのでこの大きさの方がとても役に立つことが多くなってきています。ニュースを読むのもとても読みやすいし、YouTubeを見るのも不便を感じません。まとめるとこんな感じです。

  1. 大きくて画面が見やすい。
  2. 写真が綺麗。
  3. バッテリーが長持ちする。
  4. 容量が大きい。(iPhone5は16GB → iPhone6Plusは64GB)
  5. tabletを使わなくなった。

ただし、不便な点もあります。これも大きさによることが多いです。今までは電車内で片手で操作できましたが、iPhone6Plusは片手操作では難しいです。どうしても両手になってしまいます。まとめるとこんな感じです。

  1. 片手操作ができない。
  2. 出かけるときにバッグ等が必要(ポケットに入れるのは怖い)
  3. 電話するときに大きさが気になる。

だいたいこんな感じです。

おわりに

初めにも書きましたが、iPhoneを使用してiPhone6Plusが4代目になると斬新差が少しありませんが、やはり、android端末と比較すると良くできた端末と思います。しかも、今回の契約では一括0円です。このまま解約して解約料を支払うとiPhone6Plusを転売することも可能です。iPhone6Plus64GBのゴールドは中古価格でも8万円程度するのではないでしょうか、iPhone好きなので、転売目的に購入したのではありませんが、こんな考え方をする方もいらっしゃると思います。

契約内容もとても良かったと思います。私が若い時代は携帯はほとんど使っていませんでしたが、今では必須なアイテムです。便利な分、年間の費用もかかりますが、今回の契約は年間を通しても家計に優しい結果となりました。

もうすぐ、次のiPhoneが出てくると思いますが、私は約2年ごとに新しいiPhoneを手にすると思います。次はiPhone6Plusのような大きな画面の端末は発表されないと噂もありますが、また、2年後に新しいiPhoneを手にしたときに記事を書ければ良いかと思っています。

iPhone、androidや携帯のキャリア乗り換えはやはり年度末がお得です。今回の年度末は過ぎましたが、新しい携帯が欲しい方は、この記事を参考に来年の年度末商戦に期待してください。そのためにも今からカレンダーの2月頃に「携帯機種編対策」等の予定を入れておけば良いと思います。この記事が参考になればと思います。





WANLOK 2014 新設計 大きめサイズ iPhone 6 plus (5.5インチ) 強化ガラス 液晶保護フィルム 厚さ0.3mm NSG 日本板硝子社国産ガラス採用 ガラスフィルム 2.5D 硬度9H ラウンドエッジ加工 大きめサイズ アップル アイフォン6プラス 5.5インチ (1枚組)