「MacBookAir 13 2016」 vol.1(購入まで)

「MacBookAir 13 2016」 vol.1(購入まで)
この記事の所要時間: 1125

001_mac

巷では、MacBookProが発売され、タッチバーの必要論や不要論、思ったよりMacBookProに進化が無いとか話題になっていますが、そんな世の中の流行を余所に私は2016年版(Early 2015)の「MacBookAir13インチ」を予約しました。

「MacBook12インチ」と迷ったのですが、悩んだあげく、私が出した結論は「MacBookAir13インチ」でした。

購入記録を備忘録として残します。

購入動機

なぜ、今頃Win派だった私がMacの購入に至ったかと言うと。実はMacは2002年頃に発表されたiMacG4を見て、デザインの素晴らしさに惚れ込んで本当は欲しくてたまらなかったパソコンでした。

しかし、当時はMacの価格も高く、仕事もWindowsでしかできないことがたくさんあったので、趣味でMacを購入する贅沢は無理だと諦めていました。

それからも、Macの新型が発売されるや、その情報を追い続けてMac愛だけは残っていました。

その後、2009年に初のMac製品である「iPhone3G」を手に入れ、ますますApple製品に惹かれていく自分に気づいていましたが、その当時も我家にはWindows機がデスクトップ1台とノートPC2台の計3台体制であったので、Mac購入まで行きつかなかったのが現実でした。

それでも、Macが欲しいとずっと思い続けながら、我慢我慢の日々を過ごしていました。

そんな時、東京で単身赴任をしていた時代(2012年から2014年)に円高が進んでおり、Mac製品も円高の影響で価格がかなり下がっていた時期がありました。

当時の記憶では「MacBookAir11インチ」が10万円(税別)を切った価格で販売されていました。この時に購入しようと思ったいたのですが、当時「iPad3rd」や「GR digital Ⅳ」を購入したので、「MacBookAir11インチ」に投資する予算がなくなってしまい、またまた購入する機会をなくしていました。

その後、円安が進み一旦、Macも値上がりしたことから、またまたMacを購入する計画はなくなって、安いWindows機を探していたところ、2016年の秋に「MacBookAir13インチ」が税抜き10万円を切ってきたので、今回こそ購入するぞ!と意気揚々となってきたわけです。

たまたま運が良かったのか、Appleの24回無金利ローンも重なり、これは購入のチャンスであると思ったのです。

2014年に「MacBookAir11インチ」購入出来なかったことを後悔していたので、今回は絶対に購入しようと心に誓いました。

しかも、この「MacBookAir13インチ」の価格が変更になったのは、2016年10月に約14,000円値下がりしました。

この時の円相場が102円ぐらいだったのですが、現在12月下旬で117円程になっています。

Appleは予測なしに価格を変動することがあるので、来年になると値段が上がる可能性もあるため、私にとっては今が買い時だと思いました。

少し大げさですが、それほど「Mac」を手に入れたかったのです。

迷った2機種

私が迷った機種は冒頭にも書きましたが、「MacBook12」「MacBookAir 13」です。

しかも、「MacBook12」は2015年版の整備済み品です。整備済み品の場合、現在の本体価格は90,300円(税別)です。

型落ちと言えRetinaディスプレイをこの価格で買えるなんて最高では無いですか。一方、「MacBookAir 13」もBlogを書いたりするには十分な性能を持ったMacだと思います。10万以下のMacでこの2機種に絞ったわけです。

今更ですが、それぞれのスペックはこんな感じです。

スペックを比較するよりも、実際に私が感じた印象は各機種により、異なります。

私が思う、MacBook12の良い点

・Retinaディスプレイ
・大きさ(サイズ感が小さく持ち歩くに便利)

私が思う、MacBook12の悪い点

・キーボードが薄すぎる。(打感が物足りない。)
・USB-Cが1つしかない所(付属品が多くなり使うのが面倒になりそう)

私が思うMacBookAir 13の良い点

・ポートがたくさんある。(特にSDカードをさすところがあるのは便利)
・キーボードが打ちやすい(12インチと比較して打ちやすい。)

私が思うMacBookAir 13の悪い点

・Retinaディスプレイでない

こんな感じで、一長一短でした。

どちらを選んでも正解であって、どちらを選んでも選ばなかった方が気になる存在でした。

12月初旬から悩み続けて約半月間「MacBook12」が良いとか、やっぱり「MacBookAir 13」の方が良いとか、本当に悩みましたが、この時は写真を綺麗に見たいと思って、個人差があるキーボードの打感は妥協して「MacBook12」を購入する事に決めました。

整備済み品の購入にあたって

以前、Apple製品の整備済み品の出品時間の事を記事にしました。

http://cyapu.com/2016/05/01/appleseibi/

この記事へのアクセスが思ったより多く、当ブログ「ひとまとめ」に来てもらっている人が多いことに感謝しています。(今月も6位にランキングされています。)

12月18日に「MacBook12」を購入する計画を立ててから、会社でも勤務中にApple整備済み品の出品状況を確認していました、すると欲しかった「MacBook12」のスペースグレイが出品されていました。価格も90,300円です。仕事中ですが、心の中で「きた~~~」と叫んだのを覚えています。

流石に、仕事中に会社のパソコンでMacを購入するにはセキュリティ上の関係や、仕事中にプライベートで買い物は御法度なので、お昼休みなった瞬間にAppleのHPを再確認して、商品がある事を確認しました!

それを見て、お昼ごはんも後回しにし、会社を飛び出てAppleに電話しました。電話の内容はこんな感じです。

私:「整備済み品に出ているMacBook12スペースグレイが欲しいのですが~」

A:「わかりました、在庫を再確認しますので少々お待ち下さい」
A:「cyapu様、在庫を確認しましたが、たったいま、他のお客さんがスペースグレーの商品を購入されたようで、在庫がなくなりました。」

私:「え~~~」

A:「cyapu様、スペースグレイはないですが、ゴールドなら在庫があります。ゴールドでは駄目でしょうか?」

私は、スペースグレイが欲しかったのですがスペックは一緒だし、当然価格も一緒なので、少し迷いましたが、カバーをつけたりすると思っていたので、ゴールでも良いと判断しました。

私:「ゴールドでOKです。ゴールド注文します。」

A:「わかりました、それでは購入の手続きに入ります。」

私:「すいませんが、Appleの無金利ローンで購入したいのですが」

別に一括で支払っても良かったのですが、「MacBook12」の場合、何かと付属品を購入する必要があることと、無金利なので手数料がかからないため、今回はローンで購入することを最初から決めていました。

A:「わかりました、ただしローンの場合、決済が終了するまで2~3日必要となります、その間に他の方が購入された場合、無効になりますがよろしいでしょうか?」

私:「そうなんですか、面倒ですが仕方ないですね!予約は出来ないのですか?」

A:「整備済み品の場合、予約は出来ないシステムとなっています。」

ここで、面倒だから一括支払いにしようかな?と思った瞬間!サポートさんから思いもしなかった言葉が

A:「あっ!cyapu様~すいません、ただいま他の方が購入されたようで、在庫が無くなりました。」

私:「え~~~っ!」

とこんな会話が続きました。

せっかく、購入できると思っていた「MacBook12」が買えなくなりました。私の予定では、週末に「MacBook12」を持ってスタバでドヤリングする所まで想像していたのでショックが凄かったです。

その後、サポートセンターさんとお電話していたのですが、整備済み品の場合は、一括で購入しないと、このようなことになることが多いようです。特に人気商品の場合、すぐに在庫がなくるので、ローンで購入するには決済期間中に無くなる事が多いと思います。

今後、整備済み品を購入される方はこの点を十分お気を付け下さい。

私も良い勉強になりました。

ショックを隠し切れなかったですが、サポートの方から次の提案がありました。

A:「cyapu様、Mac購入後どのような使い方をされますか?もしよろしければ教えていただきたいのですが」

私:「基本的にはBlog記事作成と写真の整理、Web閲覧程度です。airでも良かったのですが、Retinaディスプレイに興味がありました」

A:「なるほど、Retinaディスプレイは確かに奇麗です。しかし、ポートが一つしかない点が欠点です。それに伴い、Airはお客様の用途に合っているかも知れません。写真のSDカードを挿入できるのもとても便利です。スペック的にも十分だと思います。一度ご検討下さい。」

私も最初は、Airを購入しようかと思っていたのでスペックは十分だと思っていました。

一旦、電話を切り昼食後、仕事に戻りながらもMacのことばかり考えていました。そこで思いついたのがそう言えば我子もMacが欲しいと言っていたのを思い出しました。

学生でもあり学割で購入することが出来ます。少し調べるとAirで5,000円ほど安く購入することが出来るようです。単純に計算すると93,800円となり、「MacBook12」の整備済み品と変わらない価格になります。Applecareも学生価格で安くなるようなので、子供兼用に購入するのも良いかと思うようになりました。

しかも新品のMacが手に入るのです。

そう思っているうちに、だんだんとAir 購入意欲が高まり、実際の使い勝手を想像しているうちに、今回は液晶画面は妥協することにして、Air に決定と仕事中にもかかわらず、決めちゃいました。

結果

迷いに迷って、購入したのは「MacBookAir 13」です。

会社から帰宅して直ぐにアップルサポートに電話して最終確認をしました。

アップルのサポートさんの適切なアドバイスがあり、「MacBookAir 13」にしました。アドバイスがとても良くて、ユーザの使い方を真剣に聞いてくれて嬉しかったです。

最後に相談したのは容量で128GBが良いか256GBが良いか相談しました。

その時も現在使っている「Dynabook RX3 SN266E」の容量と外付けHDのデータを月にどのくらいアクセスするか等を聞かれ、その状況ならMacでも128GBで大丈夫だと思います。と優柔不断な私に的確な回答をもらいました。

128GBと256GBの価格の差は約2万円です。それで、無線対応のHDを買うとか、外付けのSSDを買ったり、AppleTVを購入AppleLifeを楽しむ方法も教えていただきました。

数年後、容量が足りなくなるかもしれないと思って、大きめの容量を購入しようかと考えましたが、他の方のBlogでも128GBで十分説が多く書かれています。あれば、使い切るだろうし、無ければ工夫して使うと思って、最終的に128GBにしました。

価格も学生価格で購入することができ、しかも子供が通っている大学がApple指定学校だったことから本体とApplecareをつけて、最終的な金額は、税込みで116,848円でした。

通常に買うよりも1万5千円程安く購入できました。

思うこと

Macが欲しいと思ったのが2002年ですから、あれから14年経ってMacを手に入れることが出来そうです。かなり長い月日を掛けての物欲が達成できそうです。今までになかった位、長期間かけての買い物となりました。

途中、何度も購入する機会はあったのですが、その時々で何となく購入をためらったりしていた私がいました。そう思ったからこそ、今回は行動に出たように思います。

このBlogのメニューにも「Mac」カテゴリーを追加しました。今後は、「MacBookAir 13」ネタをたくさん記事にしていきたいと思います。

「MacBookAir13 2016」vol.2(出荷完了)

「MacBookAir13 2016」vol.3(セットアップ)

「MacBookAir13 2016」vol.4(カバー購入しました)

Apple MacBook Air (13.3/1.6GHz Dual Core i5/8GB/128GB/802.11ac/USB3/Thunderbolt2) MMGF2J/A


APPLE MacBook (1.1GHzデュアルコア Intel CoreMプロセッサ/12型/8GB/256GB/USB-C/ゴールド) MK4M2J/A


Apple MacBook Pro 256GB SSD 13インチ Retina Displayモデル Core i5 2.0GHz アップル MLL42J/A スペースグレイ MLL42JA

Appleカテゴリの最新記事