小さくて軽いPHILIPS ポータブルシェーバー PQ208購入




PHILIPS ポータブルシェーバー購入!

最近、出張が多いせいか出張ネタばかりですが、今回も懲りずにまたまた出張ネタです。

今回のネタは、男性なら出張に持ち歩くポータブルシェーバーやカミソリがあると思います。

私はどちらかと言うとシェーバー派なので、出張に便利なコンパクトかつ乾電池仕様のポータブルシェーバーを購入しました。

少しですが、購入レポートです。

ポータブルシェーバー最近の傾向です。

過去に出張の時は、荷物をなるべく少なくしたいためホテル備え付けの物を使うことが多かったです。

特にお風呂場にある髭剃りは、備え付けのT字カミソリを使用していました。安く泊まるホテルにある備え付けの製品は、想像するに100円ショップで3~5本の袋入りで販売されているT字カミソリだと思います。

朝、余裕がある時は、これでも十分なのですが、私の場合少し髭が濃いせいもあり、髭剃り後、剃り跡がヒリヒリすることが多くあります。

しかも、角度により切れ方が悪いせいか、朝から血が出ることも多く、私にはこのT字タイプはあっていないと実感していました。

そこで、以前からT字ではなく出張用の格安シェーバーの購入を検討していました。

ポータブルシェーバーの購入条件を簡単に整理すると

 ・小さいこと
 ・乾電池仕様であること
 ・安いこと(ほぼ使い捨て感覚で使用できること)

この条件でAmazonで検索してみると、私の希望する商品として3つの候補が出てきました。

1)Panasonic ツインエクス Wet/Dry シルバー調 ES4815P-S
調査時価格、2,700円台

2)ブラウン シェーバー モバイルシェーブ M-90
調査時価格、2,400円台

3)フィリップス 【トラベルにも最適(乾電池式)】ポータブルシェーバー PQ208
調査時価格、1,200円台

当然ながら、3種類とも条件は全てクリアでした。Amazonでの評価も全て★4つ以上です。

安価な商品でも評価が高いことで一安心!ここまでくると、後は私自身の好みですね!

一週間ほど悩みました。安くてもあとあと気に入らないと飽きてしまうので、本当に迷いました。

日本製、外国製と考えたのですが、日本製のPanasonic製品は現在も自宅で使用していること。ブラウン製も興味はあったのですが以前に数回使ったことがあること等、この2機種にはこのような経験がありました。

一方、今まで触ったこともなかったけどフィリップス製のブランド力に興味があったこと、顎にあたる部分が他の機種と異なり、丸い形状が感触が良いと評価が高かったこともあり、「これ!」に決定!

たまたま価格も一番安価でした。

他の2機種と比較しても半額程度です。値段が安いこともあり、数回使って買い替えても十分に元が取れると判断したわけです。

Philips製ポータブルシェーバーの商品詳細

・実際に届いたのがこのサイズ
(箱だけではわからないでしょうが、iPhone5より少し高さが低いです。)

002

※画像がかなり悪いです。申し訳ないです。

・ケースを開けると中身は、こんな感じになっています。

003

本体を覆うカバーも付いていました。

フィリップス製の製品は、このケースデザインが素晴らしいと思いませんか?デザイナーのこだわりがあるようです。

このケースが付属するので出張鞄の中に掘り込んでおくのに非常に便利です。

・電池も付属していました。

004

単三電池が2本です。

電池サイズで本体の大きさがわかるでしょうか?しかも、乾電池もPHILIPS製に驚きです。

ロゴがかっこいい。

ポータブルシェーバー購入感想!

購入後、自宅で髭をそってみました。

安いわりには剃り味に問題がありません。

PHILIPSの丸い部分が顎にピシッとあたり、とても良い感じです。

今のところ、購入してから出張に出かけていませんが、この商品を手にしただけで満足です。今回は、良い製品をとても安く手に入れました。

次は使用感を書いていきたいと思います。

 


フィリップス メンズシェーバー 5000シリーズ S5076/06


フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー イージークリーン HX6521/01



BlogRankingに登録しました。

Todo and Blogテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください