Wimax URoad-Home 通信速度 激変

この記事の所要時間: 26
tuusinnsokudo

はじめに

URoad-Homeを契約してから約3か月が経過しました。設置当時の状況は、以前に記事にしました。

Wimax契約 契約したWimax URoad-Home届きました。 ここ数年の我家のインターネット環境ですが、...

端末の位置ですが、設置当時は端末を部屋の中心付近に置いていました。その時の通信速度は下りで6.9、上りで1.5~2.0程度でした。現在、自宅回線はほとんどの方が光回線を使用されていると思います。光回線からWimax端末での自宅運用はかなり遅い速度に見えます。

しかし、自分がどのようなWeb利用方法をしているかによって、Wimaxでの通信状況でも満足できるものと思います。その他、格安なADSLも使用環境にとっては経済的で良いのではないかと思っています。メールだけ、Webだけなら十分だと思います。

今回Wimaxを利用したのは、以前にも記事に書いたようにKidlePeperWhiteが欲しかったからです。私の場合、Youtubeを満足に見れる速さであることが条件なので特に問題はありません。今回、お盆前の大掃除に合わせ、部屋の模様替えを行ったので、その時に端末位置を変更してみました。

端末位置変更に伴う速度アップ

自宅の西側に設置してある出窓部分に端末を設置してみました。方位磁石ではこの位置になります。

E5-86-99-E7-9C-9F-2B1

仮置き状態はこんな感じです。

E5-86-99-E7-9C-9F-2B2

Wimaxは設置位置によりかなり速度が変わると噂を聞いていました。実際に、西側に設置したことにより、通信状況は激変しました。新しい位置での通信速度です。どれくらい変わったか参考にして下さい。

E5-86-99-E7-9C-9F-2B3

なんと下りが、26.49Mbps、上りが、3.16Mbpsとなりました。下りは、約4倍の速度が出ています。上りでも1.5から2倍となりました。感じられるほど、体感速度は上がっていませんが通信速度が向上すると気分も向上します。何となく嬉しくなってきました。

もし、自宅回線を私のようにURoad-Homeをご使用の方は、端末位置変更を試されると現在の通信状況が激変する可能性があります。ぜひお試しください。