中古PC Dynabook RX3のいろいろ その7「バッテリー回収再確認」

この記事の所要時間: 337

001

このシリーズも7回目になります。

今回の記事も前回と同様に、バッテリー関係のお話です。

前回の記事はこちら

シリーズ第6弾です。今回はバッテリーのお話です。 過去の記事はこちら その1 その2 その3 その4 その5 東芝とパナ...

またバッテリー?

前回確認したのでは?と思われ方も多数いらっしゃると思いますが、今回気になる記事をネットで発見しました。

その記事はこちら

記事の内容を見ていると、前回公表したバッテリー問題に記載漏れがあったようです。記載漏れだった台数は5台のようです。

念のため、私の「Dynabook RX3 SN266E」もチェックしてみました。

スポンサーリンク2

早速チェック

ちなみに、前回チェックした時は私のバッテリーは問題なく「正常」と判定されました。今回も追加された5台に入っていないのですが、まあこのシリーズを続けていくには良いネタと思っています。お時間ある方はお付き合い下さい。

では、以前同様に東芝のHPからチェックしていきたいと思います。

チェックするURLはここです。

ここから自分の「Dynabook」製品型番を入力し、確認ボタンをクリックです。

002

確認ボタンを押すと「あれ~~~」前回は問題なかったのに、今回の答えは

003

およよ!です。交換対象の可能性があるようです。何となくウキウキしてきました。中古のバッテリーが新品になる???少しの期待、イヤイヤ大きな期待を持ってバッテリーの確認です。

結果は如何に

少し焦りながらも、バッテリーの部品番号、シリアル番号を入力し確認ボタンをクリック!

004

やっぱり~~~

005

「お使いのバッテリーパックは交換対象ではありません。」

当然ですよね!前回確認したんだもんな~

何となく期待した私が悪かったですね!(笑)

思ったこと

これで、もしかしたら新品にといやらしい思いで再チェックしましたが当然ながら問題なく無事に使えることになりました。今使っている状況でも満充電で2時間から3時間は使えます。ほぼ自宅内で使っているので十分なんですが、もし発火等が起きると思うと少し怖い面もあります。

まあ、この「Dynabook RX3 SN266E」でまだまだ頑張れってことかな?

今回で7回目のシリーズですが、使っていて面白いPCです。キーボードだけが残念ですが次はSSD化しようかな(その8でSSD化に変更しました。)

ご期待下さい。

その6はこちら     その8はこちら

Dynabook RX3 SN266Eシリーズは下記です。

ご興味のある方は覗いてみてください。

 回 数 内  容  備 考
第1回 キーボード問題
第2回 突然の故障
第3回 メモリ相性問題
第4回 Win10アップグレード
第5回 大画面出力
第6回 バッテリー問題1
第7回 バッテリー問題2
第8回 HDDからSSDに変更
第9回


東芝 Dynabook Satellite B35 PB35RFAD4R7AD71 Core-i3-5005U 4GB 500GB DVDスーパーマルチ 無線LAN IEEE802.11ac/a/b/g/n Bluetooth4.0 HDMI SDカードスロット 10キー付キーボード 15.6型液晶ノートパソコン バッテリー長持ち最大約9時間 Windows10無償アップグレード対象


東芝 モバイルノートブック dynabook N51サテンゴールド(WIN8.1Update 64Bit/CeleronN2840/4GB/11.6型/Office Home & Business Premium搭載) PN51RGP-NHA


Anker® Astro E1 5200mAh 超コンパクト モバイルバッテリー 急速充電可能 iPhone / iPad / iPod / Xperia / Galaxy / Nexus 他対応 トラベルポーチ付属【PowerIQ搭載】(ホワイト) A1211022