このニュースは本当なの?「2011年から2012年にiPhoneを使っていた人はGoogleから補償金として7万円もらえる可能性」

先日、通勤電車内でふと見つけたこのニュース!

「2011年から2012年にiPhoneを使っていた人はGoogleから補償金として7万円もらえる可能性」

2011年から2012年だと私は、iPhone4を使っていました。

私のiPhone歴は、iPhone6Plusを購入した時に、簡単に履歴にしました。(以下Blog記事参考)

iPhone6 Plusを月々958円で契約しました。

ニュースの内容に戻りますが、

GoogleはiPhoneの標準ブラウザであるSafariで禁止されていた「ユーザーの行動履歴を追跡」するというプライバシー設定を迂回していた。

5年程前に、日本ではここまでプライバシーの問題が厳しくなかったように思いますが、さすがは外国です。この時代からしっかりとプライバシー問題に取り組んでいたようです。

記事内容によると、補償金として約500ポンド(日本円にして約7万6千円)になるそうです。

けっこうな額ではないですか

日本でも対応になってくるのであれば、そのまま「apple watch 3」購入するのですが、おそらくGoogleが認めないでしょうね!認めると世界中が大騒ぎになりそうですが

当時、iPhoneを持っていたか持っていなかったかはAppleIDで調べることが出きそうです。当時からAppleIDの変更はしていないので、そのまま認めらると嬉しいです。

少しきになる点もあります。

この記事が出たのが12月1日ですが、あまりニュースになっていないような気がします。これだけ騒がれていないのであれば、見込みなしなのかも知れませんね!

もう少し、このニュースの動向を見守っていきたいと思います。


iPhone X 256GB SIMフリー スペースグレイ


Apple Watch Sport 42mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください