格安バイクインカムの王道「LX-B4FM」購入しました。




 

やっとインカム購入しました。

以前つけていた「一人ツーリングでも楽しめるヘッドセットを付けてみた。」のスピーカー部分が故障したので、インカムに変更です。

インカム=「B+COM」「SENA」と思い浮かべるでしょうが、流石に高価であってなかなか手が出ません。

なので、以前からコスパが良いと評判の「LX-B4FM」を購入して使ってみると、この製品でソロツーリングには十分かもと思われる感じでした。

これで、秋のツーリングが楽しくなりそう。

バイクインカム「LX-B4FM」

LX-B4FM」はAmazonで検索すると、格安シリーズで評価は最も高く、まず最初に買ってみる人が多い製品です。

製品の色はブラックandブルーの一点しかありません。

グリーンがあると、私のヘルメットとイメージが合うのですが、ここは仕方なし。

この「LX-B4FM」はたまにですが、Amazonのタイムセールでお安くなっているときが多いです。

今回も、タイムセールで約6700円で購入しました。

「LX-B4FM」 開封の儀

久しぶりに開封の儀なんて言葉書きましたね!(笑)

この商品の紹介は沢山の方がされているので、あまり詳細は記事にしませんので、詳しく知りたい方は、ググってみてください。

外箱があまりにも小さいので、中にインカム が入っているのかな?なんて思うほどの箱のサイズです。

同封された商品内容

内容物はこんな感じ

インカム 本体からスピーカー説明書等々一式がちゃんと入っていました。(嬉)

マイクは2種類入っていました。

フルフェイス用とジェットヘル用のようです。

説明書も日本語の説明があるので、取り付けるには便利でした。

LX-B4FM本体

本体はこんな感じです。

見た目通り、シンプルなスイッチが4つあります。

最も右が電源ON、OFFボタンでBluetoothの設定に使います。

あとは、音量ボタン 音量ボタンはFMを聞くときにも使うことができます。

確か、「−」を長く押すとFMが受信できます。

最も、左は電話の受信や、インカム同士をつなげるときに設定するボタンです。

まあ、ソロツーリング多いので会話はほとんどないかも?

電話は5秒くらい鳴ったら勝手に繋がるそうです。

繋がるのが嫌な場合、どれかスイッチを押すと着信拒否できるそうですが、どのスイッチか忘れました。(汗)

ヘルメットへの装着

ヘルメットに装着してみました。

真横より少し後ろ方面の方が操作しやすかったので、少しだけ後ろに取り付けました。

取り付けでスピーカーをヘルメット内に装着するのに思ったより苦労しました。スピーカーのサイズが思っていたよりも大きかったです。薄さはちょうど良い感じなのですが、スピーカーを包んでいるカバーが大きかったのです。

そのため、少しハサミで切って、ヘルメット内に装着しました。

カットしたスピーカー部を残念ながら上手く写真を撮ることが出来なかったので、載せることが出来ませんでした。

「LX-B4FM」を使った感想

早速ですが、「LX-B4FM」をつけた状態で約100km走ってきました。

スピーカーは下道では十分な音量でした。

私は、PodCastをよく聞くのですが、話声もしっかりと聞こえて良い感じです。

当然、音楽は十分聞こえました。

電話は掛かってこなかったので、また次回に試したいと思います。

ただし、高速道路で80km/h程度なら十分音声が聞こえましたが、90km/hくらいから音が聞こえ辛くなってきました。

これは、ヘルメットの性能にもよるのかも知れませんが・・・

まあ、ツーリングで暇なときに役立つインカム なので、当分はこれで楽しめればと思っています。

omake

同封されていた書類に、Amazonへのレビュー依頼がありました。

このレビューをすると、同封されているスピーカーがいただけるそうです。

これって、かなりお得です。スピーカーだけ単体で購入すると、約2500円するそうです。

なので、この記事を書き終えるとAmazonへのレビュー記事書く予定です。



Todo and Blogテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください