曽爾高原のススキの見頃が来た!秋の風物詩奈良県曽爾村のススキが好き!

曽爾高原




先日まで10月なのにとても暑い日々が続きましたが、ここ数日一気に寒さが来ました。

2021年の冬は寒いかも!

さて、秋の始まりです。

カメラで写真を撮るにはとても良い季節になりましたね。

さて、今日は5年ぶりに奈良県の曽爾高原に行って、写真撮って来ました。

5年前に行った時のBlogがこんな感じです。

「奈良県 曽爾高原のススキを見に行ってきました。」

当時使っていたカメラは「PENTAX K-50」でしたね!レンズは、「Sigma 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO」でした。なかなかコンビネーションが好きで広角から望遠まで撮影できるのでこれ一本持っていけば旅行では活躍してくれました。ちょっと重たかったのが残念でしたが沢山の写真を撮ってくれました。

奈良県曽爾高原のススキ

曽爾高原

関西地区では秋になると訪れる人が多い、曽爾高原!

近くには「亀の湯」って温泉もあって、奈良県南部の観光地です。

広大な高原なので、お弁当を持参して子供と一緒に来られている家族も沢山いらっしゃいました。

場所はここ

大阪からだと車で2時間程度だと思います。土日はかなり混むので可能なら平日がベストです。途中の道も狭いところもあるのですが、一方通行になっていて、渋滞しないように工夫されていますが、それでも土日は混んでますね!

私は、平日に愛車「GSR250S」で行ったので、あっという間に着きました。

バイクの駐車場代が200円で、車は800円だったかな?早めに行って一日中遊ぶのも良いでしょう!

この季節になると、大阪市内の気温が20度で途中の山道が11度と温度差が激しかったので、バイクで行く方は服装を考えた方が良いでしょうね!目的地の気温はPM2:30頃で20度でした。参考にしてください。

曽爾高原のススキ

下手な写真ですが数枚撮って帰ってきました。

持っていったカメラは「X-E3」です。レンズは標準レンズの「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」です。この純正レンズなかなか良いんですよね!軽いしピントもしっかりと合うし、なかなかの優れものです。

撮影時のカメラ設定でフィルムシュミレーションは「クラシッククローム」です。何となくですがちょっとクラシックっぽい方がススキには良いかなと思いました。

曽爾高原

流石に「クラシックローム」と逆光!何となく怪しげですが、好きな色が出てる。逆光なかなか面白い!

これも逆光です。先程と違って少し広角気味!

逆光でなかったらこんな感じです。草むら?って感じかな。

曽爾高原

これも逆光!秋感じませんか?

曽爾高原

逆光はまだまだ続きます。(笑)

少し風が出てきた時に撮影しました。これも逆光での撮影です。

曽爾高原 曽爾高原

今回の写真で一番好きなのが、この写真!手前の池が良い感じで写ってる。高原の広さも表現できてて良かったかな?ススキが目だたないのが残念でした。(笑)

曽爾高原のススキ見頃

以上で今回の曽爾高原の撮影は終了です。毎年秋になるとかなりの観光客がススキを見に来られますが、今年はまだコロナ禍で少なめかなと思います。

人が多いと写真にも写ってきて、思った景色も取れないことが多いのですが、今回は「運?」が良かったかもです。

曽爾高原のススキの見頃は10月上旬から11月下旬までと長い期間楽しめますが、個人的には11月上旬が良いかなと思います。

私の写真見てちょっと「おっ!」と思ったら、ぜひぜひ一度、曽爾高原に遊びに行って見て下さい!

BlogRankingに登録しました。

曽爾高原
Todo and Blogテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください